• 2017_07
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>
  • 2017_09

マイ・つるかわ・生活~鶴川住人日記・東京近郊お出かけメモ

東京都町田市鶴川を中心に、地域限定情報を掲載します。神出鬼没、どこに登場するかは、その日の気分。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. [ edit ]
  2. スポンサー広告

2008年5月 横浜市営地下鉄 グーリンライン(4号線)


 久しぶりの鉄道ネタです。

 3月30日に開業したばかりの、横浜市営地下鉄グリーンラインへ乗車してきました。

 グリーンラインは、東急東横線日吉駅-JR横浜線中山駅を結び、センター南-センター北間で、ブルーラインと併走かつ乗り換え可能としている路線です。

 訪れたのは、JR中山駅。

 平日の昼間と言うことで、人通りもまばら。

 JR入口すぐ横に、真新しい入口が用意されています。
もちろん、JR中山駅から直接連絡するようにも設計されています。

 地下鉄構内へ降りると、白と緑を基調としたデザインで、グリーンラインを示すとともに、清潔感あふれる構内となっています。

そこへ、4両編成の10000形電車が滑り込んできます。

 この路線は、ワンマン運転なので、防護柵が用意されています。

おかげで、車体全体を撮影するのが困難ですね。

 この時間帯は、通勤ラッシュが終わっているので、利用客もまばらです。

 車両へ乗り込みます。

 車内の案内表示は、液晶表示となっています。

デザインは、小田急の液晶表示と同じなので、同一の会社が作成したようです。

 走行中は、神奈川新聞のニュースを表示します。

表示では、中山-日吉間を20分で接続するようになっています。

 車内には、10人弱のお客さんが利用しています。

横浜中心部と接続していない路線なので、通勤時間帯以外は、平日は少なめ。

 土日だと、港北ニュータウンのショッピングモールへのお客さんが利用するので、若干増えるのでしょうか。

 出発します。

 中山駅の地下路線を抜けると、すぐ地上走行になり、鶴見川を越えて、川和町駅へ到着。

 また、都筑ふれあいの丘駅間は、半地下構造になっています。

センター南-センター北間は、ブルーラインと地上で併走する区間。

 地下鉄が地上区間で併走するというのは、おそらくこの区間が日本初?ですかね。

 その次に、北山田、東山田の駅が続きます。

で、私も気がつかなかったのですが、「きたやまだ」、「ひがしやまだ」と読むものだと、思っていたのですけど、「きたやまた」、「ひがしやまた」と読むのですね。

 全く気がつきませんでした。

 

 と、20分の旅は終了。日吉駅へ到着しました。


 当路線は、港北ニュータウンの住民の足として、整備された感があり、通勤通学が主な利用となるでしょう。

 沿線開発がまだ十分ではないので、これからと言ったところでしょうか?

 ただ、4両編成のキャパシティをどの程度見込んでいるのか。意外と4両編成と言うのは、限界に達するのが早いと思いますけどと思っていますが・・・



ランキングに参加しております。是非、1クリックをお願いいたします。

にほんブログ村 地域生活ブログ 多摩情報へ

関連記事

  1. [ edit ]
  2. 鉄道・鉄分・路
  3. / トラックバック:0
  4. / コメント:0


 管理者にだけ表示を許可する
 

ブクログ

プロフィール

つるかわ住人

Author:つるかわ住人
since 2005.09.16
美しい妻(自称)1人。
いつもアドレナリンを噴出している子供2人。
これで、毎日生活している、東京都南多摩郡鶴川村住人。

カテゴリ

月別アーカイブ

検索フォーム

お気に入り更新情報

ブロとも申請フォーム

« 2017 08  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

QRコード

QRコード

RSSリンクの表示


.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。