• 2017_07
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>
  • 2017_09

マイ・つるかわ・生活~鶴川住人日記・東京近郊お出かけメモ

東京都町田市鶴川を中心に、地域限定情報を掲載します。神出鬼没、どこに登場するかは、その日の気分。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. [ edit ]
  2. スポンサー広告

2008年6月 鶴見川青少年サイクリングコース



 かつての記事で、鶴見川青少年サイクリングコースの記事を掲載して、それから数年経ち、改めて記事にしてみようと思いました。

 自宅から鶴見川沿いを走り、横浜市青葉区鉄(くろがね)町にある、終点を目指す。

 常葉橋東詰の看板が表示され、この場所からコースがスタートする。

 この辺りは、川幅も狭く、対岸との距離感も近い感じがする。

さて、このサイクリングコースは、1970年開通と言うから、数年で開通40周年となる、歴史ある道路。

 交差道路(橋)はすべて、立体交差によるアンダーパスなので、まさに自転車専用道路と言っていいくらいの道である。

 コースを進んでいくと、市ヶ尾付近で、国道246号線、東名高速道路(横浜青葉IC)、東急田園都市線の主要交通網と交差する。

 昨日の記事は、東急田園都市線をバックだったが、同じ場所から、東名高速道路 横浜青葉ICをバックに撮影した。

 路面状況は、この付近では、道幅が狭いことが難点。

交差するにも、道路幅いっぱいに車輪を寄せないと、離合できない個所もある。

 できれば、この時期に草刈り程度は、行ってほしいと思ったが・・・

 川和町付近の様子。

かつての記事には、横浜市営地下鉄グリーンラインがまだ建設中だったが、ご存じのとおり、本年3月に開業。

 サイクリングコース横には、川和の車両基地が建設されていた。

建設中は気にならなかったが、今見ると川和駅へ進入する車両は、地下区間を出るとすぐに、鉄橋で鶴見川をオーバーパスする仕組み。

 鉄橋を進みながら、車体が浮き沈みするので、ちょっと不思議な感じに見えた。

 川和町過ぎた付近から、向かい風が強くなる。

数年前の記事でもそうであったが、川べりの盛り土上に建設されたコースであるので、遮るものがなく、海からの風がとても強くなる。

 天候がいい日でも、このような風。

ぐずつき気味の日は、さらに強風が吹くのだろうか。

 鴨井付近から、対岸にJR横浜線が見えてくる。

そして、第三京浜道路を過ぎて、始点(横浜市都筑区川向町小机大橋東詰)を通過する。(全長11.8km)

 そのまま、もう少し足をのばして、横浜国際競技場(日産スタジアム)へ向かう。

 この場所は、サイクリングコース外なので、ご覧のとおり砂利道。

開通当初は、小机大橋から綱島までコース範囲だったが、現在は半分程度に短縮されているとの事。

 また、開通当時は、終点と中間点にサービスステーション(貸自転車など)が設置されていたのだが、それもないとのこと(出典:
 養豚場もこのコース中間地点にある。

前回の記事同様、きれいなぷたちゃんが、顔をのぞかせていました。









ランキングに参加しております。是非、1クリックをお願いいたします。

にほんブログ村 地域生活ブログ 多摩情報へ

関連記事

  1. [ edit ]
  2. おでかけメモ
  3. / トラックバック:0
  4. / コメント:0


 管理者にだけ表示を許可する
 

ブクログ

プロフィール

つるかわ住人

Author:つるかわ住人
since 2005.09.16
美しい妻(自称)1人。
いつもアドレナリンを噴出している子供2人。
これで、毎日生活している、東京都南多摩郡鶴川村住人。

カテゴリ

月別アーカイブ

検索フォーム

お気に入り更新情報

ブロとも申請フォーム

« 2017 08  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

QRコード

QRコード

RSSリンクの表示


.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。