• 2017_09
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>
  • 2017_11

マイ・つるかわ・生活~鶴川住人日記・東京近郊お出かけメモ

東京都町田市鶴川を中心に、地域限定情報を掲載します。神出鬼没、どこに登場するかは、その日の気分。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. [ edit ]
  2. スポンサー広告

2006年11月 秋山豊寛さん講演会 「農のある暮らしから見えてきたこと」

 本日は、

 講演は、ご自身出身校が玉川学園だったことから始まり、現在の農地について(阿武隈山地の土地を1町≒1ヘクタール購入したこと)16年前の宇宙特派員企画がバブル期とTBS創立40周年と重なったこと(制作費用は当時で50億円、ちなみに今年のTBSが中継している「バレーボール世界選手権」は100億円)、テーマは宇宙と環境を伝えようとしたこと。環境問題については、1970年代から注目され始めた(世界環境会議、ローマクラブ報告)

宇宙船は5?に3人乗員したこと。などから始まりました。

 TBSを退社し、農業を始めたことは、宇宙飛行士で宇宙を見たことと言われるそうですが、それは自然に身を置いてみたいのが半分、テレビの視聴率競争で、ジャーナリストとして伝えたいものが、競争(スポンサー収益よりスポット広告収益が重視されたこと、視聴率というものさししか判断できなくなったこと、そして、電通、博報堂、東急エージェンシーなどの広告代理店の存在)による収益第一主義に変質したことへの嫌気もあったそうです。

 環境問題と取り組んでいるというのは、結局は人間を自然に生活させることが、豊かな人間、国をつくることであると言われていました。

 宇宙飛行士から学んだことと、報道の現状を見て、自然とは、農と付き合ってみることを考えてみたと、述べられていると感じました。現在でもジャーナリストとしての活動も当然なんですが、続けられているので、日本の現状、効率化、競争社会、構造改革、教育基本法、心の問題にも痛烈に分析されていて、日本はこのまま進んでいい方向なのかと分析していました。

 強調されていたのは、「今の世の中は人間自体を大切に扱っているのか」と述べられていたことです。

 以下、すべてではないですが、話されていた内容です。 

 「競争にしても、スタートが平等でない、学問までお金で競争させてしまうと、結果がすぐ現れる学問研究(産学協同)にしか予算がつかない。いじめは、子供は刑法に問われないが、大人では犯罪行為であることを学校で教えるべきだと。競争して格差をつけることは、高ストレス社会になる。底辺の人たちはどうなるのか。それは、自分に対して愛せなくなる。自分に対して愛せなくなることは、他者に対しても、愛せなくなる。すなわち、自分の存在も存在しないし、相手も存在しないと思うようになる。よって、犯罪が増加する。その繰り返しだと。構造改革だって、改革改革と言うが、いいものを残して悪いものだけ変えればいい。変えればもっとよくなると思わない。さらに悪くなるのではと思う。

 また、日本人に弱いのは、孤独になることだそうです。多数に流されやすい。孤独を恐れないことも必要だということです。孤独なときは、本を読み、横つまり友人地域のつながりより縦のつながり、つまり考え方のつながりを持つことだ。」

 最後まで、講演を聞いていて、私の雑感ですが、私自身今の社会に対しては、人間を大切にしない社会にしようとしているのではないかと、常日頃感じるところです。そこをすべてズバリと述べられていました。一言で言うと、私と同じ考えを持つ人が存在していると感じたところです。上に立つ人は、その人の努力同時に、他の人たちの協力があってこその物だと私は感じていますし、協力してくれる人がいるからこそ、謙虚でなくてはならないと思っています。現状はどうでしょうか?上に立てば立つほど、天狗になってしまう。そんな社会でいいのかと思っています。少子高齢化と言われて久しいのですが、この先もっと人を大切にする社会が求められているのではないかと思います。

 そう書くと、私自身保守的な人と思っていますが、今は変えれば変えるほど、社会が悪くなっていると感じています。変えなくていいものまでも改悪していると。


 余談ですが、講演の中で、ちょっと面白かった話。元現場の人の話ですから、テレビを見るときの参考にしてはどうですか?

?昔のジャーナリスト(TV)は、自分たちが何を視聴者に見せたいかを考えながら、ニュースを制作してたそうです。つまり、そこには主張が存在していた。ところが、山口百恵さんの結婚式の報道から、視聴者が何を見たいのかで、番組を作るようになったそうです。

?「M1F1」(男性1女性1)これは、19歳~29歳の人を指すそうです。この世代は、流行に敏感な世代で、トレンドに流されやすい層です。だから、今のテレビのゴールデンタイムには、「M1F1」向けの似たような番組で占めているそうです。バブル期から「セグメント」(階層)戦略と言うもので、階層をターゲットとしたメディア戦略も登場した。

?「○○支持率65%」と言うが、支持している人を私の周囲で、聞いたことがない。世論調査もそのまま受け止めないほうがよい。

?世界史未履修問題で、日清戦争と日中戦争が同じ戦争(名称が異なるだけ)である。第一次世界大戦は19世紀に起きた。と、答えた一流国立大学の出身者がいる。

?新聞は、広告と記事の割合を半分半分にすることが、決められているそうですが、広告を増やすためにバブル期からページ数を増やして、広告を増加させた。


このブログでは、社会問題を扱わないのが不文律でしたが、あえて書かせていただきました。

新聞、TVを見る場合の参考にしていただければと思います。

 

関連記事

  1. [ edit ]
  2. おでかけメモ
  3. / トラックバック:0
  4. / コメント:0


 管理者にだけ表示を許可する
 

ブクログ

プロフィール

つるかわ住人

Author:つるかわ住人
since 2005.09.16
美しい妻(自称)1人。
いつもアドレナリンを噴出している子供2人。
これで、毎日生活している、東京都南多摩郡鶴川村住人。

カテゴリ

月別アーカイブ

検索フォーム

お気に入り更新情報

ブロとも申請フォーム

« 2017 10  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

QRコード

QRコード

RSSリンクの表示


.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。