• 2017_07
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>
  • 2017_09

マイ・つるかわ・生活~鶴川住人日記・東京近郊お出かけメモ

東京都町田市鶴川を中心に、地域限定情報を掲載します。神出鬼没、どこに登場するかは、その日の気分。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. [ edit ]
  2. スポンサー広告

2007年5月 大井川鉄道 その3 千頭駅

 大井川鉄道 その3。 千頭駅に到着しました。

通常なら、長時間撮影ができるのですが、GW。

30分ほどで、回送する必要があるため、記念撮影ラッシュとなります。

 短い時間で、撮影の嵐です。

 それでも、運転台に入ると、一仕事終えたSLの息遣いが聞こえてきそうです。

運転台から熱気が、感じられます。

 

 大井川鉄道は、旧車博物館(結構気に入りましたこのネーミング)なので、電車たちも大手私鉄から

移籍してきた、旧車でいっぱいになります。

 左は、南海高野線で急行として活躍した、21000系

 右は、近鉄南大阪線で特急として活躍した、16000系

です。
 

 千頭駅構内です。

右には、C11がそして、左には井川線のホームがあります。

 電柱も木製。写真はカラーですが、そのままセピアにしてみたいくらいの、レトロ感です。

 撮影場所から、180度回ると、

 産業遺構として保存されている、英国式転車台があります。

下の写真にある、説明版もさびて、古ぼけていますが(^^ゞ。

この転車台、元々千頭駅にあったものではなく、国鉄から譲り受けたもの。

 で、




 GW企画と言う事で、駅構内ではミニSLも走っています。

そして、隣には、9600形機関車と電気機関車が静態保存されていました。
 

 千頭駅入口。山奥の駅としては、立派なターミナル駅です。

アーチ型入り口が、機関車の保管庫にも似ているようです。隣には、SL資料館もありますが、それは次回としましょう。

千頭駅の場所です。


大井川鉄道 千頭駅

関連記事

  1. [ edit ]
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:0


 管理者にだけ表示を許可する
 

ブクログ

プロフィール

つるかわ住人

Author:つるかわ住人
since 2005.09.16
美しい妻(自称)1人。
いつもアドレナリンを噴出している子供2人。
これで、毎日生活している、東京都南多摩郡鶴川村住人。

カテゴリ

月別アーカイブ

検索フォーム

お気に入り更新情報

ブロとも申請フォーム

« 2017 08  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

QRコード

QRコード

RSSリンクの表示


.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。