• 2017_09
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>
  • 2017_11

マイ・つるかわ・生活~鶴川住人日記・東京近郊お出かけメモ

東京都町田市鶴川を中心に、地域限定情報を掲載します。神出鬼没、どこに登場するかは、その日の気分。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. [ edit ]
  2. スポンサー広告

2007年5月 大井川鉄道 井川線(南アルプスあぷとライン) その3

 井川線の旅。その3です。

列車は、高度を上げていき、路線でもっとも高い(100m)鉄橋「関の沢鉄橋」を通ります。

で、どんなに高いのかと言うと・・・

下の鉄橋と、地面との差がわかりますかね(^^ゞ。

ちょっと怖い・・・

これだけではわからないので、奥泉ダムを真上から撮影。

ダム施設が小さく見えるので、高さがわかりますかね~。

と言う事で、終点井川に到着。

この駅の横には、トンネルがあり、今は使用していないのですが、

堂平への貨物線が延長されていました。

井川駅の運賃表です。

この小さな駅でも、東京、新横浜、名古屋、岐阜まで乗車券が買えます。

まあ、買う人など皆無に近いと思いますけど(^^ゞ。

井川駅の全景です。

小さい駅ながら、終着駅なので立派な駅舎です。

井川ダムはここから200m先にあります。

再び、DD20形へ乗り込み、千頭へ戻ります。

途中、駅も無いのに、奥泉ダムへのモノレール発見。

比較的新しいのに、こんな場所にあって、誰か使っているんでしょうか???

尾盛駅。

紹介し忘れたのですが、「秘境駅」の一つ。

駅へのアクセス道路が、まったく無い駅。

かつては、ダムの導水トンネルや井川線建設のために作られた駅。

乗降客がほとんど無いそうなんですけど、学生さんのグループが降りていきました。


さて、千頭へ戻ろうと思いましたが、ちょっと「ぶらり途中下車」。

接岨峡温泉駅へと向かいます。

関連記事

  1. [ edit ]
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:0


 管理者にだけ表示を許可する
 

ブクログ

プロフィール

つるかわ住人

Author:つるかわ住人
since 2005.09.16
美しい妻(自称)1人。
いつもアドレナリンを噴出している子供2人。
これで、毎日生活している、東京都南多摩郡鶴川村住人。

カテゴリ

月別アーカイブ

検索フォーム

お気に入り更新情報

ブロとも申請フォーム

« 2017 10  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

QRコード

QRコード

RSSリンクの表示


.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。