• 2017_07
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>
  • 2017_09

マイ・つるかわ・生活~鶴川住人日記・東京近郊お出かけメモ

東京都町田市鶴川を中心に、地域限定情報を掲載します。神出鬼没、どこに登場するかは、その日の気分。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. [ edit ]
  2. スポンサー広告

2008年8月 青野原キャンプ場 その4

最終日。

朝の道志川の風景を撮っていると、管理人氏より、「大滝にはいかれましたか?」と、声をかけられた。

「いいえ」と答えると、管理人氏は「写真スポットですから、ぜひ行かれてみてください」とのこと。

そう言われると、行かなくてはと思い、全員で滝探検へ出かけました。


キャンプ場横にある、「ふどうのはし」(旧青馬橋)を渡り、道志川の対岸へ。


 橋自体は、ご覧のとおり立派な鉄橋ですが、よく見ると橋げたは、木の板張り。

しかも対岸の道は、ほぼ廃道状態の草ぼうぼう状態。

 これだけ立派な橋なのに、不思議に思えます。


 さて、その廃道寸前の道を進むと、管理人氏が作ったと思われる、段ボールにマジックペン書きの、「大滝」への看板。

 そこを進むと、壊れた木の階段があり、今では使用しても滑ってしまうので、ロープで降りる仕組み。

ここを降りると、砂防ダムの上を歩く形となり、砂利道が続きます。

 すると、どこから知らないが、川が突然現れ、水量を増していきます。

と、次の瞬間に、小滝を発見。


 静かにスーッと流れる滝が現れました。

と、眼を右に振ると、「大滝」となる、木製の看板が現れ、この小滝を登るようにと示しています。

 そして、またもロープが。

 これを使って、小滝を登ります。

小滝を登ると、さらに水量が増え、そして、滝のしぶきが見えてきました。


 そうです、大滝に到着しました。

落差は、10メートル程度でしょうか。大量の水が、落ちてきて、管理人氏の言うようなマイナスイオン満点の場所に到着。(滝は、別の記事で、大写真で紹介します)

 子どもたちは、さっそく滝壺に入り、冷たい滝水を浴びて、すっかりクールダウン。

 ちょっとした、探検に満ち溢れた、滝見学となりました。

でも、この滝の名前ってなんでしょうね??


 さて、管理棟を過ぎるところに、あらこんな、場所だったのね。

このキャンプ場。



 おお、

ねるとん紅鯨団 指定ロケ地」

だったのね~。


これを見て笑えるのは、

40歳台以上かな~(;^_^A アセアセ・・・


大滝は、大体このあたりかな・・・
大滝
ランキングに参加しております。是非、1クリックをお願いいたします。

にほんブログ村 地域生活ブログ 多摩情報へ

関連記事

  1. [ edit ]
  2. キャンプ
  3. / トラックバック:0
  4. / コメント:0


 管理者にだけ表示を許可する
 

ブクログ

プロフィール

つるかわ住人

Author:つるかわ住人
since 2005.09.16
美しい妻(自称)1人。
いつもアドレナリンを噴出している子供2人。
これで、毎日生活している、東京都南多摩郡鶴川村住人。

カテゴリ

月別アーカイブ

検索フォーム

お気に入り更新情報

ブロとも申請フォーム

« 2017 08  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

QRコード

QRコード

RSSリンクの表示


.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。