マイ・つるかわ・生活~鶴川住人日記・東京近郊お出かけメモ

東京都町田市鶴川を中心に、地域限定情報を掲載します。神出鬼没、どこに登場するかは、その日の気分。

2009年5月 秦野市 弘法山ハイキング

ちょっとだけ、ご紹介した、弘法山ハイキング
一応全容をご紹介。
今回は、秦野駅から鶴巻温泉駅へ向かうルート。
まずは、家を出て、秦野駅へ。
IMGP2428.jpg 
ここで、昼食を購入して、弘法山公園を目指す。が・・・ちょっと寄り道。
まずは、秦野盆地湧水群と書くと、難しいのですが、通称「弘法の清水」。リンク先にも逸話があるように、弘法大師が、杖で地面をつくと、水が沸いてきたとのこと。
でも、盆地の湧水となると、納得いけるところかな。
IMGP2431.jpg 
 写真の右にある、碑は数年前に汚染された湧き水が、正常になったことを示す、安全宣言の碑。
汚染を防ぐための努力が実った証拠で、安心して飲用できる湧き水。
 公園入口へ向かう途中に、命徳寺を訪問。
 命徳寺の山門を見学。この山門、材質が17世紀初頭の建立以来、当時のままの姿だそうで、非常に貴重なもの。
IMGP2433.jpg 
 これから、弘法山公園へ入園します。
県道のわき道に、大きな看板があるが、看板とは裏腹に、細い山道がスタート。
 それを一気に上がって、浅間山へ向かう。
そこで、お昼を食べて、権現山の弘法山公園展望台へ向かう。
RIMG0088.jpg RIMG0089.jpg 
 鉄筋構造の立派な展望台。ここから、秦野盆地、小田急線、富士山まで見ることができる。写真は前回の記事で。
 ここから、めんようの里(羊の放牧場)を過ぎて、弘法山山頂へ。
これから、一気に鶴巻温泉駅へ下ります。でも、あと4km弱。
IMGP2468.jpg 
 山道を伝って行って、東名高速のガードを抜けると、鶴巻温泉駅。
やっぱり最後は、温泉ですね~。
 と、駅近くの「弘法の里湯」で、一風呂浴びて、帰宅。
IMGP2470.jpg 
 弘法大師がらみの、ハイキングでしたが、最後は温泉で、気持ちよい汗を流しました。

関連記事

テーマ : 神奈川    ジャンル : 地域情報
  1. [ edit ]
  2. おでかけメモ
  3. / トラックバック:0
  4. / コメント:0


 管理者にだけ表示を許可する
 

ブクログ

プロフィール

つるかわ住人

Author:つるかわ住人
since 2005.09.16
美しい妻(自称)1人。
いつもアドレナリンを噴出している子供2人。
これで、毎日生活している、東京都南多摩郡鶴川村住人。

カテゴリ

月別アーカイブ

検索フォーム

お気に入り更新情報

ブロとも申請フォーム

« 2017 06  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

QRコード

QRコード

RSSリンクの表示


.