マイ・つるかわ・生活~鶴川住人日記・東京近郊お出かけメモ

東京都町田市鶴川を中心に、地域限定情報を掲載します。神出鬼没、どこに登場するかは、その日の気分。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. [ edit ]
  2. スポンサー広告

再開準備

 昨日は、再開準備について書かせていただきました。
今までの基本スタイルは、
・とにかくプラプラ歩く
・変わったものを探す
・変わったものがあれば、写真に残す。
・見聞きしたものを元に、文書を作る。
・校正を加えて、公開。

と言うスタイル。

 カテゴリ「お出かけメモ」は、そのままにしよう。
ただ、「お出かける」範囲が、広範囲になると思ってしまう。鶴川だけでなく。
 カテゴリ「日記」、思ったことをそのまま書いていくのであるが、書く機動性からすると、SNSがあまりにも優位。
しかも、ブログ日記は公開だけど、ほとんど反応も少ない。
これは、削除していいだろう。
 カテゴリ「鉄道・鉄分・路」、どちらかと言うと、画像、映像が主体となるようなカテゴリ。
SNSでは、写真を単純に並べて、説明を入れるスタイルだが、例えば、右に置いたり、左に置いたり、囲んだりとかの見せる部分で難がある。新聞、雑誌のようなレイアウトで見せられない。
この点は、ブログが優位。
とすると、SNSはリアルタイム性を、ブログはじっくりと読ませる。そういう戦略か?旅行記などは絶対にブログの方が優位だ。
 カテゴリ「とわいらいとぞーん」。まあ、いつものごとく変なものを探すので、「おでかけ」に入れちゃおうかと思ったが、
こんな感じの文字は、SNSで表現できない。
 ダメよ~ダメダメ
なんて、文字を変えてみたりはできないし、ぐぉー!!なんて言う心の叫びを表したりなんて、ブログができる技。
なんで、継続かな。

今日は、こんなところで。




スポンサーサイト
  1. [ edit ]
  2. お知らせ
  3. / トラックバック:0
  4. / コメント:2

ブログ再開に向けて

 2013年7月をもって、ブログ「マイ・つるかわ・生活~鶴川住人日記」を閉鎖(非公開設定)とさせていただきましたが、2015年度より再開に向けて準備したいと思い立ちました。
 2005年にスタートした当初は、「地域を見つめ、地域から発信する。それは、自分の住む街を見聞きすることで社会を知りたい。」と言う自己研鑽のかるーいつもりで始めて、新しい発見、怪しい発見を繰り返し、この地域から世間を見ようと考えていました。
 時は過ぎ、始めたころは1台のPCを家内と2人でシェアする程度で、更新も順調に伸びていきましたが、子供たちがPCを触ることになって1台のPCを4人でシェアすることがほとんどになりました。
近年ではSNSの普及の目覚ましいものがあり、その便利さと記事の即応性、スマホの利用頻度の上昇により、発信拠点をSNSへ移行していきました。
 SNSの発信能力は優れているものの、今一つ手作り感がないことに、昨今気が付くようになりました。
じゃあ、HPを作ればとも思ったのですが、それなりに時間が必要。ましては、個人が運営するしと言うので、ここらでブログをもう一度利用しようと考えました。
 本格再開は、来年からとして、現在のテーマの見直し(継続するもの、終了するもの)、場合によってはブログタイトルも変えるかとも思っています。
 数案あるのですが、選んでみたいと思います。そのテーマと現在のブログタイトルとがマッチするか。
 タイトル変更の有無も決定したいと考えます。

 長々と書きましたが、と言っても読んでる人なんてほぼいないので、勝手に書いていますが、再開に向けた言葉とさせていただきます。
  1. [ edit ]
  2. お知らせ
  3. / トラックバック:0
  4. / コメント:0


NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY

ブクログ

プロフィール

つるかわ住人

Author:つるかわ住人
since 2005.09.16
美しい妻(自称)1人。
いつもアドレナリンを噴出している子供2人。
これで、毎日生活している、東京都南多摩郡鶴川村住人。

カテゴリ

月別アーカイブ

検索フォーム

お気に入り更新情報

ブロとも申請フォーム

« 2014 12  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

QRコード

QRコード

RSSリンクの表示


.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。