マイ・つるかわ・生活~鶴川住人日記・東京近郊お出かけメモ

東京都町田市鶴川を中心に、地域限定情報を掲載します。神出鬼没、どこに登場するかは、その日の気分。

2011年8月 夏休みの終わりの花火

_IMG0224_1.jpg 

夏休みの終わりの日曜日。
最後は、花火で楽しみました。

明日から9月、早いものでもう秋ですね。
テーマ : 東京・多摩地域    ジャンル : 地域情報
  1. [ edit ]
  2. 日記
  3. / トラックバック:0
  4. / コメント:0

町田市鶴川緑の交流館

鶴川駅前に建設中の鶴川駅前公共施設ですが、名称が「町田市鶴川緑の交流館」と言うことになりました。
単なる市民センターではなく、文化施設を備えた建物であるからだろうと思いますが、意外な名称でしたね。

建物が、緑と言うイメージからすると白いのではと思うのですけどね。

どうやって緑をイメージさせるのか、これからの審議となるでしょう。

テーマ : 東京・多摩地域    ジャンル : 地域情報
  1. [ edit ]
  2. 日記
  3. / トラックバック:0
  4. / コメント:0

2011年7月 池袋 キリン堂薬局

 7月に所用で池袋へ行ったとき、こんな池袋駅前に佇むひっそりとした建物を見つけた。
_IMG8450.jpg
キリン堂薬局と書かれた古い建物。
閉店してずいぶんと時間がたっているようで、看板はすすけている。
辺りは、ビルが立ち並ぶ場所なのに、ここだけ時間が止まったようである。

まるで、九段下ビルのような雰囲気。
テーマ :    ジャンル :
  1. [ edit ]
  2. トワイライトゾーン
  3. / トラックバック:0
  4. / コメント:0

2011年8月 おはスタのVTRへカブト相撲が登場

こちらのHPにも紹介されていますが、先週の金曜日のテレビ東京系子供番組「おはスタ」で、カブトムシ相撲のご紹介が放映されました。
家の長男と次男が、よく映ってしまいちょっと(^_^;)ものですけど(二人とも上位入賞しなかったもので…)、TVに出たからいかなと思っています。
テーマ : 日記    ジャンル : 日記
  1. [ edit ]
  2. 日記
  3. / トラックバック:0
  4. / コメント:0

Vivitar 2800 flash

外部ストロボとして、Vivitar 2800を譲り受けました。
古いタイプのストロボですが、なんとか私のカメラに搭載できそうです。

ストロボ同期による速度、露出調整はできないので、アナログに頼りますが何とか使いこなしたいと思います。
テーマ : 日記    ジャンル : 日記
  1. [ edit ]
  2. 日記
  3. / トラックバック:0
  4. / コメント:0

2011年8月 福岡旅行 エピローグ

最終回となりました。
今回の旅、地元福岡でありながらかなりの距離を移動した(300km以上)の旅でした。
写真だけじゃわからないので、最後は地図にします。

福岡の北の端から南の端、そして一部は佐賀県までと伸びまくった旅でした。
奥さん、子供たちにはお疲れさんでした。

また、いつ来るかわかりませんが、まわれなかったところを次回まわろうと思います。

より大きな地図で 2011年8月 福岡旅行 を表示
テーマ : 福岡    ジャンル : 地域情報
  1. [ edit ]
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:2

2011年8月 福岡旅行 門司港編

福岡旅行最終日。最後は私の生まれ故郷の北九州。
実家に寄るのもありだったのだが、そこは観光地の門司港へ行くことにした。

門司港は、駅が重要文化財となるような明治大正期の建物が数多く残る港町。
駅周辺にそれらの建物を移築して、歩いて観光ができるように整備したところ。

この日は、電車で博多から小倉を経由して門司港にやってきた。

【JR 門司港駅】
_IMG9709.jpg
木造駅なのだが、立派な駅舎。
駅内も古さを感じさせる木材が至る所に使われている。
_IMG9695.jpg_IMG9701.jpg

こちらは、「帰り水」と言うもの。
本来は、旅行者向けの飲料水だったのだが、戦後の引き揚げ船が門司に到着する際に、引き揚げ者を潤したためこの名が付けられたとか。
_IMG9696.jpg

少し時間があるので駅周辺を探検。
昔の洋館。バナナのたたき売りの発祥の地である場所で「バナナマン」と記念撮影。跳ね橋の昇降を見学。
_IMG9731.jpg_IMG9734.jpg_IMG9751.jpg

私の両親と姉家族を交えて、近くのバイキングレストランで会食。
長男が焼きカレーを食べたいと言っていたが、このレストランのメニューもあり、満足の様子だった。

で、ここから長男プレゼンツ。関門海峡を歩いて行こう(つまりは、関門国道トンネル人道見学)。
まずは、位置関係を見るために和布刈公園
関門橋があり下関と門司の位置関係を確認。
_IMG9778.jpg_IMG9781.jpg

そして、いよいよ関門国道トンネル人道へ。エレベータ口に行き人道へ降りていきます。
と、何を思ったのか次男坊と同級のいとこの男の子が下関側へ一直線に走りこむ…
一応、山口県と福岡県の堺は確認したようですが…
_IMG9787.jpg_IMG9790.jpg_IMG9793.jpg

お次は、いとこの男の子プレゼンツ九州鉄道記念館の見学。
鉄道博物館の小型版と言った方がいいでしょうね。

静態保存の汽車と電車があり、九州の鉄道の歴史がわかる博物館。
_IMG9808.jpg_IMG9818.jpg_IMG9832.jpg_IMG9835.jpg_IMG9844.jpg_IMG9801.jpg_IMG9802.jpg_IMG9804.jpg

 この日は真夏の太陽の下を歩いていたので、さすがに体に堪えてきました。
でも、楽しいひと時を過ごして、小倉から再び博多へ戻ってきました。
 今度は、いとこの男の子が上京してくるのを楽しみにして。

 最後、前日食べそびれたテムジン
博多駅で食べることに。やっとありつけた。そんな感じを得るもの。柔らかい皮が特徴の餃子である。
_IMG9860.jpg_IMG9861.jpg

 福岡空港からJAL332便で羽田着。そこから自宅までバス電車を乗り継いで、0時前に自宅へ到着しました。
4日間で福岡の全地区を移動する何とも強行な旅だったけど、充実した旅行でした。

テーマ : 福岡    ジャンル : 地域情報
  1. [ edit ]
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:0

2011年8月 福岡旅行 ヤフードーム編

大学同期の飲み会が予想以上に盛り上がった性で、4時にホテル到着だった。
おかげで、12時ごろまでゴロゴロしてしまい、午前の行動がキャンセル。と言ってもこの日の午前はあまり予定を入れていなかったので、事なきを得たが。

今日はホークス×バッファローズの観戦がメインで、ナイトゲームである。と言うことで、昼から行動。
ホテル裏に福岡市博物館があるので、そこで志賀島で発見された金印を見学に行った。
_IMG9564.jpg
金印は常設展なので、入館料も数百円で済んでじっくりとみることができた。
隣に特別展で吉村作治の古代七つの文明展と言うものが(まあ、この人だからエジプトですけど)、あったが別料金で1300円と言うもの。
まあ、いつものごとくよく稼いでいますね~って感じ。

博物館バス停から天神へ移動する。
昼は、テムジンの餃子を食べたくて天神のバス停からソラリアプラザを経由してテムジン本店へ向かったが、なんと準備中ではないか?(この店は昼から営業しているのに)
店の人に聞いても、JR博多シティの店くらいしか開いていないよなんてことで…この件は、明日リベンジするのであるが…

仕方がないので、岩田屋へ戻って昼食をとりヤフードームへ移動。
10年ぶりのヤフードーム登場。
_IMG9565.jpg
バスを降りて、連絡橋を歩くとその姿が見えてくる。
連絡橋からモールに繋がっていて、入り口すぐには応援グッズ売り場となっている。
そこで、少し時間をつぶして、いよいよ球場本体へ。
_IMG9566.jpg
相変わらずすごい、何がすごいかって、ほかの球場(札幌、ナゴヤ、広島は見たことないが)に比べて規模が大きすぎる。ボールパークと言うのは日本でこの球場くらいじゃないかと思うくらいである。

開場前の球場。すでに人で混雑している。
お盆の連休とあって、私のような遠方からの人もいれば、バッファローズファンも団体でいらっしゃっている。
盛り上がっている雰囲気を感じる。

何か知らないが、ヒルトンホテルの案内置き場に、「川さき」と言う文字の紙が…
_IMG9573.jpg

入場前に、王貞治ベースボールミュージアムを見学。
王さんの数々のトロフィー・盾などが飾られていて、やっぱり756号ホームランの再現VTRはよくできている。
しかし、これだけの記念品があると家に置いておけないですよね。そう言う意味でもここにあるのも納得かも。
あと、墨田区の資料館も見たいと思った。

こちらは、体験ゾーンでのスピード測定です。
_IMG9588.jpg

さてさてゲームの方ですが、4×3でホークス勝利。逆転ホームランでの決着となりました。
7回裏のラッキーセブンは、しっかりジェット風船も上げてきました。

球場ですけど、手の込んだ球場ですね。ビジョンもきれいだし、注意事項の一つ一つまでCGアニメーション。
ここまでできるのもこの球場ならではでしょう。
_IMG9609.jpg_IMG9616.jpg_IMG9636.jpg_IMG9653.jpg

最後は、勝利の花火で締めくくり。
_IMG9677.jpg



テーマ : 福岡    ジャンル : 地域情報
  1. [ edit ]
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:0

2011年8月 福岡旅行 博多駅・中州編

夜は、大学の同期と飲み会。
場所は、博多駅。
夜の博多駅も相変わらず明るい。夜の闇にひときわ目立つ存在である。
RIMG0552.jpg

飲んで食べて近況やあの人はどこみたいなところが話題に。
大学卒業して20年たっても、勢いは変わらない様子。
遠方から来た友人も居て、しかも休みを取ってきたと言うからどこまで続くか分からない。

博多駅から中州へ移動。
九州最大の繁華街。眠らない街。
まだまだ、飲みは続き最後は長浜ラーメンで締め。
気がつくと、朝の4時。
いやー疲れました。
RIMG0557.jpg

テーマ : 福岡    ジャンル : 地域情報
  1. [ edit ]
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:0

2011年8月 福岡旅行 筑後・柳川編

吉野ヶ里歴史公園を12:00過ぎに出てしまい昼時を逃してしまった。ここから再び歩いて吉野ヶ里公園駅へ行って、12:33の各駅停車で鳥栖駅まで戻る。
柳川で昼飯としてせいろ蒸しをと思っていたのだが、到着が14:00頃となってしまい遅い昼飯となってししまった。
ということで、鳥栖駅から快速で大牟田へ行き、引き返しで西鉄線にのって西鉄柳川駅へ移動した。
こちらは、鳥栖駅に到着する快速電車の荒尾行き。
_IMG9547.jpg

西鉄柳川駅から旧立花藩の屋敷がある御花へ移動して、そこにある若松屋さんで食べようとしたが、完全に昼時を逃してしまったため、クリークめぐりの船が止まる場所にあるうなぎ屋さんは軒並み閉店。
唯一、本吉屋の沖端支店のみ営業していたが、長蛇の列・・・これも、売り切れは時間の問題。
近くにある観光案内所にて、営業しているところがないか聞いたところ、北原白秋の生家の近くに富貴さんがやっているとのことだったので、そこまで歩くことに。

ようやくありついた、せいろ蒸し。
鰻の肝吸いがついています。鰻をかば焼きにしだしにつけたごはんで最後に蒸して仕上げるせいろ蒸し。
これは一口入れないと、長い道のりを前進してありつけました。
_IMG9549.jpg_IMG9550.jpg

ちょっとだけ観光。
時間があれば、クリークめぐりもあったのですが都合で省略。
回送運行中の船だけを
_IMG9555.jpg

外観だけでしたが、北原白秋生家と御花の正門を見る。

【北原白秋生家】
_IMG9552.jpg

【御花の正門】
_IMG9560.jpg

西鉄柳川駅から再び西鉄電車に乗って、天神まで戻ってきました。
テーマ : 福岡    ジャンル : 地域情報
  1. [ edit ]
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:0

2011年8月 福岡旅行 ちょっと離れて佐賀ですが、吉野ヶ里編

福岡旅行2日目。前回の記事「九州新幹線」で博多から新鳥栖までの話を書いていたが、その続き。
新鳥栖から長崎本線に乗り換えて、吉野ヶ里公園駅まで移動。

吉野ヶ里公園駅から吉野ヶ里歴史公園までは、800mの距離。その道は田んぼの中に整備された道路で、佐賀平野の一部にあたる場所ということで、田んぼが青々としている。
_IMG9474.jpg

徒歩で15分ほど。天気は薄い雲がかかり直射日光が当たることはないが、やっぱり九州。33℃の気温なのでそれなりに汗をかく。東門から入り駐車場を過ぎたところにエントランスが現れる。
_IMG9479.jpg
国立公園と県立公園として整備したところであるので、歴史というには外れたような近代的なエントランス。
春に奈良京都を訪問した時も、こういう博物館はきれいな建物だったが、ここまでやるかというくらいアンバランスな感じ。
何か、愛知万博のパビリオンと思ってしまうのは私だけか(^_^;)。

園内に入る。日本最大の弥生時代の環濠集落として発掘され、全国的に有名になった場所。
入ると稲作の影響か敵の侵入も相次いだようで、堀や槍などが張り巡らされている。
また、出土品の複製は現在でも続けられている。
ただ、この時代になると出土品のデザインが大人しくなってくる。それが縄文との大きな時代の差でしょう。
技術は素晴らしいのですけど、生活用具と言えばそれまでになってしまう。生きている感覚がつかめないような気がしている。
_IMG9480.jpg_IMG9492.jpg

下が公園全景のミニチュア。福岡ドーム6個分という広さ。これだけ歩くととんでもないことになりそうな暑い天気。全部歩くと疲れるのでそれはある程度抑えていくことにした。
_IMG9481.jpg

弥生時代の鏡・印を作る体験コーナーがあったので、子供たちにやらせることにした。
左から錫を溶かして、あらかじめ作っている型に入れる。冷えるとひたすら磨く磨く、最後は水に入れて磨く磨くと鏡ができるというもの。
_IMG9497.jpg_IMG9499.jpg_IMG9506.jpg_IMG9507.jpg

 あとはひたすら園内を歩く歩く…暑い中なんですがね。
高見櫓、武器庫、住居などを見ながら。
_IMG9534.jpg_IMG9533.jpg_IMG9532.jpg_IMG9529.jpg_IMG9520.jpg_IMG9518.jpg
_IMG9520.jpg_IMG9518.jpg_IMG9537.jpg

最後に北墳丘墓を訪れた。
ここは、王の墓と言われている場所で小高い丘に王が眠っているとされている場所である。
_IMG9541.jpg

内部は、資料室として整備していてそこには発掘当時の状況がそのまま保存展示されている。
その大きさには圧倒されるばかりである。当時の権力が大きかったことを示しているのであろう。
_IMG9543.jpg_IMG9545.jpg

  1. [ edit ]
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:0

2011年8月 福岡旅行 長浜屋台編

筑豊から戻ってきていったんホテルで休憩し、今度は福岡市内へ繰り出す。
ホテルから市営地下鉄西新駅までは歩いて10分。その間に西南学院、修猷館高校の横を通り過ぎる。
20年ぶりだろうか、この横を通り過ぎるのは。西南学院はもとより、修猷館高校が大学のように見える建物になっている。
さて、西新から赤坂駅まで乗って、久しぶりの長浜屋台へ行く。
七の津通りも久しぶりに歩く。
20年前と場所がずれていないかと、携帯のGoogle Mapを頼りに移動すると、この屋台だけは時間が止まったようなところだった。
_IMG9380.jpg
一通り屋台を見てから、「長浜とん吉」に入った。
久しぶりの屋台のラーメン。
ところが、子供たちはネギが嫌いなので、ネギ抜きラーメン。
「ネギがうまいのに…」とつぶやきながらも、一杯と替え玉をいただく。
_IMG9382.jpg
それから、ちょっと焼酎を1杯と豚バラ串を頼む。
豚バラ串は、黒酢のたれがついたキャベツが一緒。
これが、たまらない。
脂身がうまい。この味しかないと感じた。
RIMG0491.jpg
そうするうちに、夜も更けてきて屋台から明かりが煌々とする時間帯になった。
_IMG9387.jpg

テーマ : 福岡    ジャンル : 地域情報
  1. [ edit ]
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:0

2011年8月 福岡旅行 筑豊編

福岡の旅。第一日目は羽田空港から筑豊炭田炭鉱跡の見学まで。
あまりにも盛りだくさん過ぎて、どこから手を付けるかなと思うくらいですが。
RIMG0462.jpg
羽田空港からJAL305便に乗って福岡空港へ。
その時、機体に嵐のロゴが入った飛行機で移動。

福岡に到着後、そこからレンタカーを借りて、筑豊田川市へ移動する。
天候は、八木山バイパスを超えるころに通り雨に遭い、不安定な天気。それでも田川伊田駅へ到着するころは雨は止んでいた。
なんでまた、田川なのか。
最初の予定では、太宰府をと思っていたが、奥さんのリクエスト(つまりは産業遺産が見たい)で、急遽筑豊へ行くことになったのです。
ただ、交通機関が便利になったとは言え、福岡-田川となるとそれなりに便数も限られる。
手なことで、レンタカーを借りた。
RIMG0463.jpg
さて、福岡着が10:00で田川まではおよそ80分となるとちょうどお昼時。
ファミレスへ行くこともよいのであるが、ここは何か名物は無いかと探す。
と、たがわネットと言う観光サイトがあって、ここを見ると田川ホルモンと言うものがあった。
で、前回の記事にある朝日家さんでの食事となったのである。
腹ごしらえを終えて、田川の炭鉱の歴史を観に田川市石炭・歴史博物館を訪れる。
20101204152858.jpg
この場所自体、旧三井田川鉱業所に位置しており、そこを再開発した場所でもある。
炭鉱の歴史が一通りわかるようになっている。
_IMG9325.jpg_IMG9328.jpg_IMG9329.jpg_IMG9343.jpg
屋外展示物へ行くと蒸気機関車、電気機関車の静態保存があるが、ちょっと気になったのは銚子電鉄のデキ3と同じ形式の機関車がある。
運転台には椅子がなく、マスコンとブレーキを両手で操作し左右へ移動可能な機関車である。
_IMG9336.jpg
さて、田川鉱業所はあの有名な炭坑節の発祥の地。
歌に出てくる煙突も当然保存されている。
レンガ造りの重厚な2本の煙突に圧倒されてしまう。
_IMG9366.jpg

博物館を後にし、もう一つ産業遺産を見学に今度は平成筑豊鉄道田川線沿いに車を走らせる。
目的は、田川線が開業当時から使用している内田三連橋梁を観に行く。
この橋梁は、1895年に作られてそれ以来100年以上現役として活躍している橋梁。
これも、レンガで作られたアーチが美しい橋である。
福岡にいたころは、気にもしなかったが、改めて見るとその存在感に圧倒される。
_IMG9369_1.jpg
ここまで見て、15:30になったので再び福岡へ戻ることにした。
しかし、福岡-田川間の道路事情もずいぶん変わっている。八木山バイパスくらいしか整備されていなかった国道も片側2車線は当たり前。粕屋からは福岡都市高速も開通していて、ホテルのある百道まで都市高速1本で行けるようになった。
片道1時間で往復できるとは、驚きである。
テーマ : 福岡    ジャンル : 地域情報
  1. [ edit ]
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:0

2011年8月 福岡旅行 九州新幹線 初乗車

福岡に来てこれだけは乗っておきたかった。九州新幹線。
全線開業後、初めて訪れた博多駅から新鳥栖駅まで乗車しました。目的地は吉野ヶ里歴史公園です…。

【九州新幹線つばめ】
 _IMG9404.jpg
つばめは、全線開業後こだま型の各駅停車なのだが、そのデザインはこだま型にしては豪華な装備。

_IMG9406.jpg
 
横からのフォルムも閉まっている感じがする。
_IMG9409.jpg  
内装も白にオレンジ色の座席そして木材を取り入れたところなどを見ると、その気合の入り方が違う。
他の新幹線路線では、高速種別から退いた車両がこだま型各駅停車の運用についているのだが、この路線は短距離でも楽しんでもらうことを重点にしているように思える。

_IMG9408.jpg 

下り方面なので、お客さんも少なく何か試乗車のような感覚。
こんなに少なくてもいいのかと思うくらい。

_IMG9459.jpg 

 博多駅を出発して、わずか15分で新鳥栖駅到着。新鳥栖駅は新駅のため、あたりは田んぼだらけ。
ただ、この距離で長崎本線と接続し、博多駅そして関西方面へ向かうことができる駅なので、数年後には住宅地や工場などが進出してくることは間違えないだろう。

 と、長崎本線のホームに降り立つと、かつての看板車両であった787系特急電車が到着。
この車両もつばめを名乗っていたが、そのロゴは消された跡があり、ちょっと痛々しい感じがした。
どうせなら、全面塗装を変えるくらいの配慮がほしいところである。

テーマ : 福岡    ジャンル : 地域情報
  1. [ edit ]
  2. 鉄道・鉄分・路
  3. / トラックバック:0
  4. / コメント:0

2011年8月 福岡旅行 プロローグ

今年の夏の旅行を書こうと思っていたのですが、fc2ブログの不調にしびれを切らしてしまい、
今回は、軽くプロローグだけにします。

今回の掲載予定は、
・筑豊編
・吉野ヶ里、柳川編
・福岡市内と言うよりヤフードーム編
・門司港編
の予定です。

と言うことで、最初は何がいいかな。
うまいところに行ったので、田川ホルモンのお店、朝日家さんの焼き肉ランチから。
これでも、ランチは1000円からと格安でおいしいですよ。
_IMG9322.jpg 

場所はここです。

大きな地図で見る

テーマ : 福岡    ジャンル : 地域情報
  1. [ edit ]
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:0


NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY>>

ブクログ

プロフィール

つるかわ住人

Author:つるかわ住人
since 2005.09.16
美しい妻(自称)1人。
いつもアドレナリンを噴出している子供2人。
これで、毎日生活している、東京都南多摩郡鶴川村住人。

カテゴリ

月別アーカイブ

検索フォーム

お気に入り更新情報

ブロとも申請フォーム

« 2011 08  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

QRコード

QRコード

RSSリンクの表示


.