マイ・つるかわ・生活~鶴川住人日記・東京近郊お出かけメモ

東京都町田市鶴川を中心に、地域限定情報を掲載します。神出鬼没、どこに登場するかは、その日の気分。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. [ edit ]
  2. スポンサー広告

「戦闘糧食」

変わったものを扱うこのカテゴリ。
ちょっと、変わったものと言うか、かなりメジャーなのか?

と言うことで、
とわいらいとぞ~ん
で、ございます。

今日は、国道16号沿いにある、大手おもちゃ屋。
地下に、ゲームコーナーがあるので、久しぶりにのぞいてみることに。
いつものUFOキャッチャーが並んでいますけど、
何だこりゃ?

「戦闘糧食Ⅱ」?

戦闘と言えば、その名の通りですけど、野戦食?
まあ、見ていただきましょう。なぜか、UFOキャッチャーの景品になっている。「戦闘糧食Ⅱ」

ばばば…
200910311153000.jpg 

で、景品の「戦闘糧食」
200910311153001.jpg 

一応、この缶詰最近話題だそうで、販売会社のHPを見つけてみました。
M-R-E.jpg 

真面目な、缶詰だそうですよ。
でも、あまり試したくないけど…


スポンサーサイト
テーマ : 雑記    ジャンル :
  1. [ edit ]
  2. トワイライトゾーン
  3. / トラックバック:0
  4. / コメント:2

2009年3月 オーストラリア旅行記 Skyrailの巻

順番が前後しますが、ケアンズの続きから。
キュランダ高原列車から先の話が書いていませんでしたので、ここから再度始めます。
キュランダ村の民芸店を見た後に、今度はケアンズ市内へ戻ってきます。
と言っても、鉄道からロープウェイ。Skyrailと言うつい最近まで世界最大の営業距離をを持つロープウェイに乗ります。
とりあえず、入口。
熱帯植物の中に立つ綺麗なキュランダ駅。
IMGP2023.jpg 

どんどんと、高度を上げていきます。
何しろ、山中に建てられた、ポールの数も多くてよくこんなところに建てたものだと思ってしまいます

IMGP2025.jpg  

おっと、ここでいきなり雨が。
しかし、下車駅までには、止んでいました。実はこれ、この旅行中にあった唯一の雨でした。
RIMG0224.jpg 


テーマ : オーストラリア    ジャンル : 海外情報
  1. [ edit ]
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:0

携帯変えました。

私の携帯電話ですが、N702iSと言われている、古い物でかれこれ3年半使用してきました。
もうボロボロ状態で、ドコモポイントも物凄くたまっていたので、ここらで新調することに。

そして、機種変更したのが、N-03Aと言うタイプ。

あまり、携帯電話には無頓着な私ですが、これを数年使い込んでしまいましょ。


テーマ : NTT DoCoMo    ジャンル : 携帯電話・PHS
  1. [ edit ]
  2. 日記
  3. / トラックバック:0
  4. / コメント:2

2009年3月 ウルル サンライズツアー その2 リターンズの巻

前回は、惜しくも風が強くて、登山禁止となったウルル。
再チャレンジツアー(この場合は、ツアー料金がタダ)と言うことで、再びAM5:00起きとなりました。

で…成果はと言うと…

やっぱり、今日も強風のため、登山禁止!!うるうる(;_:)。IMGP2242.jpg

でした。
再びツアーから戻り、ショッピングセンターで昼食と言うより。

やけ酒。やけ食い。モード突入!
RIMG0486.jpg RIMG0487.jpg RIMG0495.jpg 

そして、さみしくケアンズに戻ってしまいました。
ああ、うるるうるる…
RIMG0506.jpg

と言うことで、後2話ほど続きます。


 


テーマ : オーストラリア    ジャンル : 海外情報
  1. [ edit ]
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:0

2009年3月 ウルル サンライズツアー その1の巻

ウルルへ登るぞ!サンライズツアー!!
と言いつつも、3月と言うと南半球は初秋。
つまり、完全に涼しくない!

ウルル登山は、時間制限&気温制限があって、その時のコンディションで、登山許可が降ります。
今は、以下の通り。

  • 気温:その日の最高気温が36度以上に気温が上がると予想される場合、朝の8時にクローズ
  • 風:2500フィート(25ノット)以上の風が吹くと予報された場合
  • 強い低気圧:ウルル50キロ以内の北西又は南西に強い低気圧が観測された場合
  • 雨:今後3時間以内に20%以上の確率で降雨が予報された場合
  • 雷:今後3時間以内に5%以上の確率で雷雲の発生が予報された場合
  • 曇天:ウルルの山頂より低く雲が出ている場合
  • 明るさ:日の出の1時間半以上前、及び日の入り後1時間半後
  • 救援活動:ウルルにて救援活動が行われている場合
  • 文化的な理由:アボリジニの人の宗教・文化的な行事が行われる場合

で、その奇跡的条件のクリアを願いつつ…サンライズツアーに参加します。
IMGP2151.jpg 

日の出に照らされる、ウルルを待つ人たち。世界中から集まってきます。
私もその一人ですけど。 
そして、ウルルへ太陽の日が射します。
IMGP2165.jpg

さて、ウルルへ日が当たるのを見て、AM8:00になります。
今日は、
ウルルへ登れるのか!結果は!
IMGP2166.jpg IMGP2170.jpg

ガーン!風が強いため、登山禁止!

登れなくて、うるる~(;_:)
IMGP2168.jpg

で、ウルルのお岩巡りに変身してしまいした。左は、アボリジニの音楽堂と言われる場所。
右は、真夏でも枯れることのない池。アボリジニはこれを大切にしていて、いよいよ水が枯れるときにしかこの池の水を利用しないとのことです。
IMGP2180.jpg IMGP2199.jpg

でも、やっぱり暑くなりますね。
IMGP2206.jpg 

この後、アボリジニ文化センターを訪れますが、撮影禁止のため画像はありません。
さて、結局この日の登山は中止となり、エアーズロックリゾートへ戻ります。
時間があるので、エアーズロックリゾートをぶらぶらと、リゾート内のショッピングセンターは、
IGA Supermarketを中心に、雑貨、写真、レンタカー、レストランがそろった場所です。
RIMG0453.jpg RIMG0454.jpg

そして、コテージに戻って、洗濯三昧。37℃の天気では、1時間くらいで乾きますけど。
RIMG0448.jpg

夜は、コテージ上にある展望台で、沈む夕日と満天の夜空を楽しみました。
IMGP2212.jpg

IMGP2241.jpg 

明日は、登れるかな~


テーマ : オーストラリア    ジャンル : 海外情報
  1. [ edit ]
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:0

2009年3月 ウルル サンセットツアーの巻

 Outback Pioneer Hotelで一息ついた後、さっそくサンセットツアーへ参加。
英語ガイドと思ったけど(こっちの方が格安)、子供のアドレナリンも下がってしまう(むしろ下がった方がいい?)のは、かわいそうなので、日本語ツアーに参加することに。
 ガイドに来ていただいたのは、ミシェルさんと言う女性の方。かなりのベテランです。
まずは、ガイド費用と同時にウルル=カタジュタ国立公園の入園料も払います。(25A$)
 世界遺産と言うこともあり、保全費用とアボリジニへの補償費用とかも含まれているとか。

 それが終わると、バスに乗って国立公園入口まで。ここで、ゲートがあって入園券を見せると言うパフォーマンスをします。お決まりごとのようですけど…別に管理人がバスに入って、一枚ずつチェックしないようですけど…

さて、バスは進んで、カタジュタビューポイントへ行きます。
で、こんなことやっている。
何だと思ったら、手乗りウルルの写真を撮っているところ。
IMGP2104.jpg 

じゃ、私もついでに・・・記念撮影。
ウルル

この次は、カタジュタの散策路を通ります。
赤茶けた岩ばっかりだけど、やっぱり変だよね。なんで、ここだけでかい岩だらけなのかと…
IMGP2110.jpg IMGP2128.jpg 

生物はいないわけでもなく、こんなトカゲもいます。でも暑い・・・だって、37℃ですから…
RIMG0360.jpg 

さて、お岩巡りならぬ、サンセットツアーもトリを飾るのは、夕日に沈むウルル。
こんな色の変化の激しい岩を見ると、やっぱり変だよなあ…
真っ赤な岩から、日の入り数時間前で、あっという間に茶色に変わり、黒に変わるんですから。
IMGP2135.jpg 
 
さて、明日はここに登るんだけど…大敵が現る。それは、晴れだから。

とりあえず、おさらいです。ウルルでの行動範囲を地図で示します。

ウルル  


テーマ : オーストラリア    ジャンル : 海外情報
  1. [ edit ]
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:2

2009年3月 ケアンズからウルル(エアーズロック)へ移動

 半年ぶりくらいですか、オーストラリア旅行記の残りを再開します。
ケアンズ到着、グリーン島、キュランダ鉄道の話で、前回止まってしまいました。
 もう少し、ケアンズの話はあるのですが少し飛ばしまして、ケアンズからウルル(エアーズロック)への移動から話を始めたいと思います。
 ケアンズの話は、ウルルの後にします。

 さて、ケアンズの2泊を一旦終わりにして、Tropical Queenslanderを離れます。もちろん、ケアンズに戻って来てから、また泊りますけど。

 今度は、ケアンズ空港から国内線に乗って、エアーズロック(コネラン)空港へ行きます。ちなみに、土地の名前は、エアーズロックからウルルに変わりましたが、空港だけはエアーズロック空港のままですね。
 ホテルから今度は、Black & Whiteタクシーをフロント氏から呼んでもらい、行き先を告げます。もちろん、domesticですけど。
 国内線ターミナルは、国際線到着ロビーより先にリニューアル工事が進んでいるようです。と言うか、国際線到着ロビーが一番遅れているんですけど。
 チェックインカウンターで、難なくチェックインを済ませ、またゲートで水関係を怒られないようにと思ったのですが、国内線はノーチェックのようでした。
 一応、係りの人には確認済み。
IMGP2082.jpg

待合ロビーのコンビニ前。書籍がたくさんあって、なかなか興味深く見ました。
ここで、地図を入手。 
IMGP2085.jpg 

綺麗だね。とよく見ると、一部天井がまだ工事中。でもソファーが置かれて、待合所に。
ケーブル類が丸見えでした。
IMGP2086.jpg 

飲食コーナーを見ると、ハンバーガー屋の隣にLITTLE TOKYOなる日本食レストラン。
鮨屋さんですね。奥には、小さいながらも回転ずしコーナーもある。寿司を運ぶレールには、SLが走っているようなところでした。
でも、値段は高め…
IMGP2087.jpg 

 時間をつぶすために、ちょっとだけインターネット。10分2A$で国内のメールをチェック。としている間に、搭乗です。ボーディングブリッジを使ったものかと思いきや、外に出されて階段で。ここは国内線らしくと言うこと?
と、カンタスリンク航空のボーイング727の小型ジェットに乗り込みます。
同じ飛行機にも、日本人家族旅行者が何家族か乗っていて、ときどき日本語も。
そして、エアーズロック空港を目指して飛び立ちます。
一言で、ケアンズ→エアーズロックと言っても、距離にして1750km、飛行時間は2時間45分。つまり、羽田から那覇までの距離に匹敵します。
おまけに横移動なので、時差が発生(ケアンズ時間より-0.5時間)。なところと言えばいいかな?

 飛行時間が長いので、食事とお菓子が出ます。さすが、カンタス航空!!。おいしくいただきました!!。
でも、国内線はどの国でも料金が高いので、これくらいは当たり前なのか。
IMGP2094.jpg

この日も、天気は快晴。機上から見る景色も、オーストラリアのど真ん中を通るため、地上がよく見えます。
IMGP2089.jpg 

ウルルの姿が見えてきました。あそこに登るんだけど…と、横目しながらエアーズロック空港へ到着します。
RIMG0319.jpg 

 空港に到着します。
ここでも、階段で飛行機から降りて、そのまま到着ロビーへ
RIMG0321.jpg RIMG0323.jpg

エアーズロックリゾートの、Outback Pioneer Hotelが目的地だけど、どうやって行けばいいかな?と探す4人組。
他の日本人観光客は、お出迎え付なので、さっさと出て行くけど…
と見ると、バスの案内板を見つけて、係員に話を聞くとエアーズロックリゾートの各ホテルを回る無料バスだとのことなので、乗ることに。
IMGP2097.jpg 

 空港から約5キロの道のりを経て、エアーズロックリゾートに到着。このリゾートは、観光客用に新たに作られた施設で、ウルルを含む地域が神聖なる場所と言うことで、国立公園の外側に作られた宿泊施設。
もちろん、空港もウルルの近辺にあったものを現在の国立公園外へ移設したものだそうです。
 で、エアーズロックリゾートも宿泊料金によって、ピンキリがあり高級ホテルから安い宿、最後はキャンプサイトまでも用意している場所。
 ちなみに、Outback Pioneer Hotelは、格安の(でも、観光地なのでそれなりに高い!)ホテルです。
IMGP2098.jpg 

 部屋は、コテージになっているのですが、2段ベットとダブルベットのシンプルな部屋。
トイレ、シャワー、ランドリーはすべて共同となっています。ちなみに、写真には無いけど、テレビはなぜか今は無き、赤井電機のテレビでした。(20年もの?)
 レストランは用意されていて、ショッピングセンター地区以外では、このレストランが営業しています。
理由は、ライブハウスになるので、夜になると音楽が鳴り響くところでもあります。
RIMG0338.jpg RIMG0339.jpg

 さて、ホテルについて一息ついて、ウルルのサンセットツアーへ出陣!と言いたいところですが、今日のところはここまでです。


テーマ : オーストラリア    ジャンル : 海外情報
  1. [ edit ]
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:0

2009年3月 オーストラリア ウルルより

IMGP2117.jpg

しばらく、オーストラリア旅行記を書いていなかったのですが、再開しようかなと思います。


テーマ : オーストラリア    ジャンル : 海外情報
  1. [ edit ]
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:0

ちょっとだけ、整理

どもです。
ちょっとだけ、ブログパーツ類を整理しました。
不要なパーツの削除と、新しくマウスへ追従する星をブログパーツへ追加しました。

リンクも一部変更しています。


テーマ : 日記    ジャンル : その他
  1. [ edit ]
  2. お知らせ
  3. / トラックバック:0
  4. / コメント:0

2009年10月 Cafe MoiMoi

 このカテゴリーがまたやって来てしまいました。
え、そうです。
 とわいらいとぞーん
でございます。
さて、今日はとても近い。当たり前です。
つるかわリターンズ(大げさ(^-^;)。
さらに、
鶴川駅前!
となりました(でかい字ばっか)。
と、まあ前置きはその辺で。駅横の鶴川第一踏切(南口横)に、突如出現したカフェ!

Cafe MoiMoi
です。

まずは、店構え。
出るぞ!

RIMG0121.jpg
焼き鳥「山長」さんの横の細い階段を上がった突き当り。
((+_+))。いかにも、
入りにくい。入るにも勇気が!(かなり必要)
で、この私も気が小さい(^-^;)ので、とりあえず入口だけ。
 RIMG0118.jpg

2F正面の案内板。でも、鍼灸院に負けている(^-^;。
一応、ハロウィンも近いので、キャンペーンをやっている模様。
RIMG0119_20091017162936.jpg

 (~ヘ~)ウーン。しかしながら、鶴川駅前のカフェと言えば、駅前には2大チェーンのスターバックスと、ドトールがあるし、ちょっと離れているがコメダ珈琲店もある場所。

そう言えば、焼き鳥「山長」は、知る人ぞ知る超短命店「日本橋餃子鶴川店」がかつてあった場所だし、
長続きできるのか!Cafe MoiMoi!

場所はここ。

powered by 地図Z


テーマ : 東京・多摩地域    ジャンル : 地域情報
  1. [ edit ]
  2. トワイライトゾーン
  3. / トラックバック:0
  4. / コメント:3

2009年9月 鶴川 蕎麦切り 左膳

RIMG0001_20091015195857.jpg

昨年鶴川にできた店なのですが、なかなか入ることが無かった、「蕎麦切り 左膳」
この日は、宴会で使わせていただくことになりました。

で、そばじゃなくて宴会料理は、しし鍋。

知り合いの方から、肉をわけてもらったそうで、それを肴に一杯と相成りました。
宴会前日に肉を持ち込み、板前さんが料理した猪。
大変おいしく頂きました。
RIMG0003_20091015195857.jpg RIMG0005_20091015195856.jpg

今度は、そばをいただきたいですね。

大きな地図で見る


テーマ : 東京・多摩地域    ジャンル : 地域情報
  1. [ edit ]
  2. おでかけメモ
  3. / トラックバック:0
  4. / コメント:2

2009年10月 山梨 WOODPECKER(ウッドペッカー)キャンプ場

 今回のキャンプは、WOODPECKERキャンプ場にお世話になることにしました。
清里から、大門ダムを抜けた場所にある、静かなキャンプ場。
さらに、10月中旬なので、シーズンオフまで後一カ月。さすがに空いていました。
 さて、キャンプ場へ行く前に、3家族でBBQの予定でしたが、食材は東京から持ち込んだもの。
それだけでは物足りないと、近くに肉屋がないかと探したら、清里ハム工房なるものがある。
 少しは地元のうまいものを食べたいと思って、ちょっとだけ寄り道。
こんなおじさんが居て、店の横には燻製窯?ピザ窯?
RIMG0108_20091013202019.jpg RIMG0105_20091013202019.jpg

で、ソーセージ(プレーン、辛目のもの、パセリ入り)を3種類せしめて…、これを焼くとやっぱりうまい!
RIMG0117_20091013202318.jpg
 

大きな地図で見る

その後に、キャンプ場へ向かいます。
キャンプ場は、ご覧の通り自然木を用いた、木陰が多い場所。
IMGP3719.jpg 

そして、その自然木なので、ブランコやターザンロープなど、遊びものもたくさん用意されています。
ただし…45kg以下の方だそうです…
私は、もちろん体重オーバーですが…
IMGP3720.jpg
夜間用のレンズを持っていないので、写真にはありませんが、台風一過の週末ですので、満点の星空も見ることができました。

ただ…やっぱり寒い(10℃くらい)…この時期のキャンプは、たき火が必要ですよ。

大きな地図で見る


テーマ : ▲山梨県▲    ジャンル : 地域情報
  1. [ edit ]
  2. キャンプ
  3. / トラックバック:0
  4. / コメント:2

2009年10月 長野県南牧村 飯盛山

IMGP3683.jpg

 三連休の中日とその次の日に、清里方面へキャンプへ出かけました。
まあ、台風一過と晴れの特異日である体育の日が重なったため、最高の天候。
雲ひとつないまでは行きませんが、快晴の下でキャンプのメインである、飯盛山(めしもりやま)へハイキング。
 初心者向けのハイキングコースで、平沢峠・しし岩駐車場へ車を止めて、登山道を片道1時間の行程で頂上へ到着します。

RIMG0082_20091012181727.jpg 

飯盛山は、その名の通りご飯を盛った感じに見立てられたので、そのまま山に名前になったところ。
写真は頂上部分ですけど、登山道から尾根までの上りを登りきると、後は尾根伝いに進むと言うタイプの山です。
すでに、後ろに富士山が控えていますが、この日は快晴に恵まれたため、周囲の山々を見ることができました。

【左:飯盛山 右:富士山】IMGP3687.jpg 

後方には、八ヶ岳・赤岳を見ることができます。

【八ヶ岳・赤岳】IMGP3704.jpg

頂上に到着すると、山頂の碑が立っています。
でも、山頂に立つと下界とは、風と気温差が激しいです。体感でも10℃くらいになります。
IMGP3710.jpg
登るときは、すがすがしいですが、中秋のこの時期の登山は、防寒着は必要です。


テーマ : 信州    ジャンル : 地域情報
  1. [ edit ]
  2. キャンプ
  3. / トラックバック:0
  4. / コメント:0

2009年10月 鉄道総研 平兵衛まつり 2009

今年も、平兵衛まつりの季節になりました。
電車を使って行っていたのですが、今回は車で行くことに。
なぜか、1時間早く着いてしまい、門の前で開幕待ちになりました。
RIMG0017.jpg

開門前は、初めてだったので、オープニングセレモニーまで立ち会ってしまいました。
RIMG0018_20091012180448.jpg 

さて、早いもの勝ちの特典と言うか、いつもはすぐに整理券が終わってしまう、鉄道シュミレータに体験することも出来ました。
この日は、近隣の小学校の運動会と重なり、いつもに比べると空いている感じ。
架線ハイブリッド電車(リチウムイオン電池搭載の電車)にも、楽に乗車できました。
RIMG0051_20091012180448.jpg

と、隣の国分寺市ひかりブラザに展示しているひかり号ですが、なぜか工事資材に囲まれていて、見学中止の状態。
よく見ると、ひかりプラザのお色直しでしたね。
RIMG0016_20091012180448.jpg 


テーマ : 東京・多摩地域    ジャンル : 地域情報
  1. [ edit ]
  2. 鉄道・鉄分・路
  3. / トラックバック:0
  4. / コメント:0


NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY

ブクログ

プロフィール

つるかわ住人

Author:つるかわ住人
since 2005.09.16
美しい妻(自称)1人。
いつもアドレナリンを噴出している子供2人。
これで、毎日生活している、東京都南多摩郡鶴川村住人。

カテゴリ

月別アーカイブ

検索フォーム

お気に入り更新情報

ブロとも申請フォーム

« 2009 10  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

QRコード

QRコード

RSSリンクの表示


.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。