マイ・つるかわ・生活~鶴川住人日記・東京近郊お出かけメモ

東京都町田市鶴川を中心に、地域限定情報を掲載します。神出鬼没、どこに登場するかは、その日の気分。

2009年4月 西武ドーム ライオンズ×ホークス

 ご無沙汰でございます。
 久しぶりの記事となりました。
昨日は、GW初日。
 この日は、西武ドームで、ライオンズ×ホークスを観戦。
この日は、西武線でドームまで移動。狭山線乗り換えのために、西所沢駅で乗り換え。

 さて、球場に到着。まあ、グッズとかをとりあえず眺めて、球場入りをします。
たぶん、久しぶりの西武ドーム。3年ぶりくらいかな?
 GW初日とあって、大入りでしたが、近くの常連さんに言わせると、昨年より観客が減っているとのこと。
折角の、WBC連覇の年なので、もう少し盛り上がってほしいものですが・・・
IMGP2417.jpg 
 球場へ入ります。この日は、B指定席のため、ゆっくりと入場。昔ならば、外野自由とか内野自由とかで、開門ダッシュが当たり前ですが、歳をとっているので、ゆっくりと( ;^^)ヘ..。
IMGP2418.jpg 
 球場内部です。B指定なので球場全体がよく見える。と、気がついたのは、写真右の施設。
指定席部分に設けられた施設は、今年から営業しているもので、3層構造のもの。各階に、飲食スペース、トイレ、テーブル付きの指定席を設けたエリア。
 座席数を減らした分、ちょっとのんびりと観戦できるスペースですね。

 で…試合の方は…話したくありません( ;^^)ヘ..。
 一言だけ、攻撃陣は気合いを入れろ!!


 と、散々な( ;^^)ヘ..試合の後は、GW企画として、グラウンドに入場できるサービス。
早速降りてみました。
 普段は上から眺めている、人工芝。写真のように奇麗に見えますが・・・
IMGP2426.jpg 
めくってみるとこんな感じ。
IMGP2427.jpg 
 柔らかい印象があったのですが、とても硬い。しかも上から叩くと痛い。
コンクリートの痛さが、そのまま伝わってくる感じがしました。
 選手は、この上でスライディングしたり、あるいは回転することもあるんですね。
 土との感触とは、違和感を感じました。
 最近のゲームで、よくけが人が出るというのは、よくわかる気がしました。芝を天然に近づけるのは、至難の業だと思いますが、芝と基礎の間に、何らかの緩衝材はいるんじゃないかと思います。
 土の感触に近づける、緩衝材など、研究できると思いますけど…
 と、感じた次第です。


テーマ : 福岡ソフトバンクホークス    ジャンル : スポーツ
  1. [ edit ]
  2. おでかけメモ
  3. / トラックバック:0
  4. / コメント:6

読者の皆様へ、アンケートのご協力お願いいたします。

本記事は、CyberBuzz様キャンペーン参加記事です。

いつも、本ブログへお越しいただきありがとうございます。
今回は、CyberBuzz様からのご依頼で、簡単なアンケートに参加していただきたく、記事を書いております。

読者様向けアンケートを、以下のURLから行いますので、是非ご参加のほどよろしくお願いいたします。
https://www.cyberbuzz.jp/present/index.php?id=11&user_id=01124


テーマ : ブログ    ジャンル : ブログ
  1. [ edit ]
  2. Ripre
  3. / トラックバック:0
  4. / コメント:0

2009年4月 エプソン ホームプロジェクター「ドリーミオ」の商品体験イベント&モニター その2 到着編

 本記事は、CyberBuzz様モニター参加記事でございます。

前回、「2009年3月 エプソン ホームプロジェクター「ドリーミオ」の商品体験イベント&モニター その1 イベント編」の記事の続きとなります。

モニター用のドリーミオ EH-DM2Sの到着が、遅れに遅れ、4月18日に届きました。
で、早速2階の子供部屋へ、設置しました。
我が家の、部屋の大きさからは、80インチモバイルスクリーンは、ぎりぎりの幅で( ;^^)ヘ..(狭いのですが・・・)でも、なんとかおけるレベル。

IMGP2406.jpg

こんな、感じで配置。
イベントでも、紹介されていましたが、本体とスクリーンの設置は、一人でもできるものですね。
説明書も、それほど読むことなく、難なくと設置できました。
ただ、ちょっと気になるのが、モバイルスクリーンの格納に気を使います。

スクリーンは、上記画面の筒にいれるのですが、台から取り外す時に、スクリーンに皺を付けないように注意しながら外さないといけないので、神経質になります。
2人で格納するときは、スクリーン上部を持ってもらうなどできますが、一人の場合は、画面端に支持棒などがあると、うれしいですね。
今後の改良を期待したいものです。

IMGP2408.jpg 
本体も、設置してスイッチオン!
おお、大迫力の80インチが登場。これだけ大きいと、ちょっとうれしい。
でも…これに耐えうるソフトが・・・

と、一応旅行した画面を映してみる。

IMGP2409.jpg 
オーストラリア・カタジュタの風景を映してみました。まあ、旅行している気分になるかな?
で、2階の部屋ですが、窓にはブラインドしか設置していないので、明かりがさし込みますが、昼間の映写には、なんとかなるかレベル。
できれば、カーテンで仕切る方が、より鮮明でしょうかね。

そして、USB経由の画像表示もやってみました。
IMGP2412.jpg 

USBへ差し込むのは、SDカードです。これで、スライドショーを行ってみました。
見る分については、画像表示もそこそこの早さでしょうか。
イベントでも質問させていただいたのですが、スライドショーの表示時間設定が欲しいところですね。
ゆっくり見たいとき、早く見たい時もあるので。

4月18日に到着して、すぐの使用感は、こんな感じです。


テーマ : ブログ    ジャンル : ブログ
  1. [ edit ]
  2. Ripre
  3. / トラックバック:0
  4. / コメント:2

旅行記なんですけど…

読者の皆様。
つるかわ住人でございます。

突然で申し訳ございません。
オーストラリア旅行記の続きなんですが、諸般の事情により、一時中止させていただきます。
続きを読みたい方も、大勢いらっしゃると思いますが、こちらの都合によって、再開いたします。
しばらくの間、ご辛抱願いますm(__)m。


  1. [ edit ]
  2. お知らせ
  3. / トラックバック:0
  4. / コメント:4

2009年3,4月 オーストラリア旅行記 ホテルの巻

グリーン島観光を終えて、Tropical Queeslanderへ戻ってきた。ホテルの部屋は、FAMILY REEF STUDIOと言うタイプ。ベッドが3つ(ダブル1、シングル2)、バストイレ、キッチン(冷蔵庫、食器、なべ類あり)、テラスと言う部屋。
ホテル内には、共同で使用する、コイン式の洗濯機も置かれている。

RIMG0077.jpg 

で、これだけの設備があるのに、1泊$110(大人2人、子供2人)。今のレートを大体、AU$1=75円とすると、8250円。格安にしては、もったいないくらいの広さがある。
 キッチンがあると言うことは、食事は提供されないわけで、どこかで調達する必要がある。ツアコンの石山さんへ、近辺にスーパーが無いかと聞いてみると、国道(キャプテンクックハイウエー)沿いにあるIGAが、近いとのこと。
 散歩がてらに、宿のあるLake St.からChalres St.を歩いて、キャプテンクックハイウエーを出たところに、IGAを見つける。
 営業時間は、年中無休の6時~23時。一部を除いて、夕刻までに店じまいするケアンズの店としては、長いなと思った。

RIMG0080.jpg RIMG0082.jpg 

RIMG0083.jpg RIMG0084.jpg

 一通り、生鮮食料品、缶詰、カップヌードル類、飲料水を手に入れて、2日分朝夕飯は確保!

RIMG0087_20090410112830.jpg

 次の日の朝食は、パン、ソーセージ、コーンスープ、パック入りのサラダ、スクランブルエッグなんてところで。

RIMG0097_20090412111821.jpg 

 で、ようやくケアンズ1日目が終わったところ(^-^;…、まだ先が長いなあ。


テーマ : オーストラリア    ジャンル : 海外情報
  1. [ edit ]
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:6

急病でした

金曜、土曜と急病のため、休みとしました。
37.5度程度の微熱、それよりも倦怠感が強くて、動けない状態でした。
このところの、異常な乾燥と暑さで、参ったのでしょうか…


  1. [ edit ]
  2. お知らせ
  3. / トラックバック:0
  4. / コメント:6

2009年3,4月 オーストラリア旅行記 グリーン島探検の巻

  長い?激しい( ;^^)ヘ..船旅から、グリーン島へ上陸。
でも、あまりの揺れに、3人はダウンしたため、桟橋近くのベンチで一休み。

 さて、グリーン島についてですが、サンゴ礁によって作られた島と言われ、歩いて20分くらいで一周できる島。
もちろん、目玉はサンゴ礁ですが、天気が良ければ、白い砂浜の海岸をのんびり眺めるだけでも、よいと思います。

 船酔いが覚めたころ、ちょろちょろと動く鳥を発見。
羽が退化した、一見ヤンバルクイナ系のこの鳥。 最初は、珍しさも手伝って、追いかけていたが、後から面倒な鳥だとわかる…

IMGP1883.jpg 

 さっそく、ビーチへ移動。ライフセーバーが、監視する砂浜で、ひと泳ぎ。
島全体は、遠浅の砂浜だが、ビーチ側は少し掘り下げられているようで、浜辺からさほど離れていない場所でも、1.5mほどの深さになるところもある。
 でも、そこはいつも(船の中は、除いて)元気な子供たちは、海へ向かって一直線。
私も飛び込んでみたが、太平洋の海って、こんなに塩辛かったかなと、思いつつ…

IMGP1888.jpg

 海でひと泳ぎした後は、食堂でランチ。で、こんなものを選んで見たんだけど。
ホットドック、フィッシュアンドチップス、そしてやっぱりビール。

IMGP1897.jpg IMGP1898.jpg

 で、食堂を上陸したときに見つけた、ヤンバルクイナ系の鳥がちょろちょろと現れる。こいつら(だんだんと、意地悪になる)、ちょっと食べ物から目を離すと、素早く食べ物を奪っていく…まあ、何と言う逞しさか…と、感心しているわけじゃないが、自然界にいるものに対して、人間の食べ物を与えてなるものか(こっちも、生きているから)と、ばかしにとにかく平らげる。
 よく考えると、この鳥たちも猫系の動物がいないから、こうしてのうのうと生きていけるわけであって、この島には猫がいないのであろうな。

 ランチを終えて、次の半潜水船乗船まで、時間があるのでちょっとだけ、島内散策。
木道に沿って、散策路が付けられていて、間には動物園、土産物店もある。
 木道沿いに生息している、熱帯樹林の説明の看板も置かれている(一部は、日本語解説付き)。
そして、桟橋から最も離れたところで、海辺に出ることができる。
 下の写真(左)で、よくわかるとおり、ものすごい遠浅の海が広がる場所に到着。水平線近くの波立っているところが、沖なんですね。
 砂浜近くには、硬い石?サンゴの死骸が固まった場所がある(写真右)。
IMGP1927.jpg IMGP1928.jpg  

 半潜水船の乗船時間になったので、再び激しい風が続く、桟橋に戻り、船に乗り込む。

RIMG0025_20090410112829.jpg

 潜水船とみると、黄色にするのは、ビートルズ(Yellow Submarine)の影響?と、思うのは私だけか( ;^^)ヘ..。
 写真の右にある、入口から船底へ入り、韓国人アツアツカップル(妙に気になる)の後ろに4人衆が陣取る。
出航!
 途中までは、コバンザメが這いつくばる程度でしたが、撒き餌を船から放出すると、集まってくるは、魚ども。

IMGP1917.jpg IMGP1921.jpg

旨そうな、魚も寄ってくる。集まってくるもんですね。
半潜水船を降りて、海でもうひと泳ぎの後に、長い辛い船旅で、ケアンズ港へ到着。
まあ、帰りの船旅の話は、辛いのでやめときましょう。


テーマ : オーストラリア    ジャンル : 海外情報
  1. [ edit ]
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:4

2009年3,4月 オーストラリア旅行記 グリーン島上陸の巻

 ツアコンの石山さんに連れられて、やってきましたケアンズ港。
市内中心部から、さほど離れていない場所にある港で、観光船の発着、クルーザーの係留地となっている。
ただ、これだけ海が近いのに、漁業関係者の船がまったくない。
ケアンズでは、漁業で、生計を立てている人はいないようである。
確かに、市内中心部のマーケットでも、魚屋さんはまったくないし、スーパーでも魚は販売していなかったな。

IMGP1867.jpg 

 さて、石山さんより、グリーン島へのチケット手配と説明を受けた後、
「そのまま船に乗ってください」とのこと・・・あれあれ、付いて来ないの・・・と、聞いていると午後の船着後に拾いへ行きますとのこと。
 後から、気がついたが、他のツアーさんも掛け持っているので、仕方がない話かと、思って乗船します。(次の日は、フル活動だったので、良しとしますが( ;^^)ヘ..) 

IMGP1866.jpg

写真は、手前がグリーン島行きの高速船と、奥が今回乗船するBigCatと言う船。
ガンマメタリックボディのちょっと戦艦ぽい船。乗り込むと、アジア系(日中韓印)の人たちと、地元豪州人あと、欧州系も居たかな?の人たちで満員です。
で、いただいた券は、グリーン島往復乗船券、半潜水艦(そこがシースルーのものね)乗船券、シュノーケル貸し出し券がセットになっているもの。
BigCat船内で、シュノーケルセットを借りて、乗り込みます。
では、片道1時間15分の船旅に出発!

IMGP1870.jpg

ケアンズ港内を進む、BigCat船内。まだまだ、序の口です。これが、太平洋へ出ると…風速25ノット(13m/s)に煽られて…

揺れる揺れる!

この船内の状況は、当ブログ初の動画で、お楽しみください( ;^^)ヘ..。

さしもの、アドレナリン噴出息子たちも、出港してから20分後に、船酔いで

ダウン!

マグロ状態に陥ります。4人衆の中では、私(つるかわ住人)のみが、元気元気!
美しい妻(自称)曰く。

「おまえは、漁師か!」

と、言われる始末。だったら、歌うぞ~。

♪兄弟船は~(by 鳥羽一郎)

まあ、そんなこんなで、楽しい(楽しくない人も3人居るって…)船旅を終えて、
IMGP1874.jpg 

グリーン島へ上陸!

します。

IMGP1877.jpg

一応、グリーン島の位置関係はこちらです。

大きな地図で見る


テーマ : オーストラリア    ジャンル : 海外情報
  1. [ edit ]
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:10

2009年3,4月 オーストラリア旅行記 ケアンズ到着の巻

日本を脱出してから約8時間、現地時間の午前5時35分にケアンズ国際空港へ到着。
飛行機の中で、寝ていたのでとりあえず体調は万全かな?
ちょっと、ブレたけど、乗ってきた飛行機を一枚。
RIMG0007_20090407221525.jpg

降り立つと待っているのが、長い長い入国審査。
何でも、一度に300人の審査を行うので、渋滞発生。もちろん、オーストラリア、NZ国籍の人は、ほとんどするーだけど…

で、手荷物検査の後、water,water…と審査官が、独り言を話し出す??
何のことやらと思うと、出国審査後、機内にはペットボトルの持ち込みはできるけど、飛行機から降りるとふたの空いているボトルは、捨てないとならないとのルールらしい。

で、見ると次男坊が、飲みかけのアクエリアスを持っている( ;^^)ヘ..。

とにかく捨てろという事で、手荷物検査をパス。楽屋から出てくるような、出口のドアを開けると、ようやくケアンズへ降り立つ。ここまで、大体1時間。

IMGP1865.jpg 

パックツアーの人たちは、出迎えのツアコンさんたちに連れられて、バスに乗り込む。で、パックツアーではない4人衆は、トイレで夏服に変身して、さてどうしようかと考える。
と言うか、入国ロビーには、4人衆だけしかいないけど( ;^^)ヘ..。
まあ、考えても仕方がないので、有料のシャトルバス(大人2人、子供2人で、市内中心部まで$25均一)に乗り込んで、ケアンズの宿Tropical Queenslanderへ向かう。

シャトルバスは、わずか10分程度で、Tropical Queenslanderに到着すると、あれ受付が閉まっている。
時間を見ると、午前7時。受付はなんと、7時30分からオープンとある。

バスの運転手に、チェックインをお願いしたいのだがと頼むと、受付入口横にある、時間外電話をとって、交渉。
でも、運転手いわく、やっぱり7時30分にならないと、ここに来ないととのこと。
あまり、仕事の支障もあるので、シャトルバスと別れて、しばらく玄関で待つことに。

と、徹夜で遊んでいた、黒人の酔っぱらい4人が絡んでくる。
Welcome to Australia! Take a Picture.とか…(うるせーなあ)
あんまり、絡んでくるので、とりあえず飯でも食べるかと、中心部へ歩き出す。それ以上は、調子のいい酔っぱらい達は、ついてこなかったけど、さて飯を食べられるところはあるんだろうか?

日本を出る前に、土日のケアンズは、店が開いていないことが多いと聞いていたので、若干の不安。しかも、到着した日が、土曜日だから、やっぱ空いていないかな…と、スーツケースをゴロゴロしながら考える。
近くにある、Acacia Court Hotel へ美しい妻(自称)が、入って行ってフロント氏にモーニングがないか確認する。
すると、すでに営業しているとのこと。フロントで、お金を払えば、モーニングバイキングが食べられるとのことだったので、さっそくお金を支払って、入ることに。で、初めてありついた朝食は、こんな感じ。

RIMG0009_20090407225612.jpg 

ベーコン、卵、ソーセージ、季節のフルーツ、野菜そして、各種ジュースが楽しめる、ホテルのバイキングと言ったところ。
なかなか、行けましたよ。

さて、朝食をとっていて、美しい妻(自称)に、
「今日のオプションツアーって、何時集合だっけ?」
「7時40分にお迎えが来るよ 。」
と、腕時計を見ると…7時20分…

げ、20分しかない…

あわてて、パンとかを流し込み、再びTropical Queenslanderへ戻る。
また、変なチンピラがいないかな?と、Acacia Court Hotelを出たところ、お巡りさんに職務質問されているのを発見。
遠巻きにしていると、そそくさと退散。

ようやく、受付も営業開始して、チェックイン。でも、この日の受付嬢(結構若い)は、何か不機嫌。Tropical Queenslanderは、この後も利用するのだが、受付氏は毎日交代していて、今考えるとこの受付嬢が、最悪だったな。とにかく無愛想だった印象。

で、なんとかチェックインを済ませて、玄関を出ると、ツアーコンダクターの石山さんが、すでに出迎えていました。

Tropical Queenslanderの周辺地図です。

大きな地図で見る


テーマ : オーストラリア    ジャンル : 海外情報
  1. [ edit ]
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:5

2009年3,4月 オーストラリア旅行記 日本脱出の巻

日本脱出の日。とは言っても、鶴川から成田空港までは、すごーく遠い!乗り換え検索をすると鉄路だけでも102km。
よく考えると、102kmの鉄道なんて、新幹線では東京-熱海(104km)に匹敵する距離。

出張するときには、新宿から素直に成田エクスプレスを使ったんだけど、今回は4人。しかも、乗り換えには時間のかかる子供たちもいるので、新百合ヶ丘からリムジンバス(小田急バス)を事前予約しておいた。

ところが…前日に小田急バスから連絡が入り…

「当日は、ストライキを予定しています。スト決行は前日深夜にならないとわかりません。」

げ、よりによってストかよ!

まあ、生活のためとは言ってもね~と言う事で、リムジンバスをキャンセル。
結局102kmの鉄路をひたすら乗り換え乗り換え…を選択…

IMGP1844_1.jpg

 前日の状態です。大小のスーツケースを計4個と、あとはディバックを担いでの出撃。
 それから、鶴川-新宿(小田急)、新宿-日暮里(山手線)、日暮里-成田空港第2ターミナル(京成 特急(スカイライナーじゃないよ( ;^^)ヘ..))を乗り継いで、空港到着。

IMGP1852.jpg
 あー、2.5時間は、長いなあと思いつつ…空港の回転ずし屋でコメの飯を食べて、出国審査へ。
子供たちにとっては、初めてだから少々緊張するかと思いきや、審査官を笑わせる作戦。
こらこら、はしゃいでも意味ないのにと思いつつも、審査通過。
久しさの、免税店めぐりを楽しんで(は、美しい妻(自称)ですが・・・)。

IMGP1854.jpg
そして、86番ゲートより、20:40搭乗開始のジェットスター JQ26便で、日本脱出!
ただし、航空券もちょっとケチってと言うのは、この航空会社、機内サービス(飲み物、食事、毛布、枕等)を選択できるシステムなので、機内サービス全部なしモードにしてみた。
なぜならば、夜発早朝到着便なので、寝てしまえば何もいらないわけ。そうすると、さらに値段が下がるシステム。
客室乗務員は、席順データを持って、必要なサービスを提供するだけなので、私達の席ではスルーするだけなんですね。面白いことに。
ついでに、眼も合わせてくれない…(^-^;
まあ、乗せてくれれば何でもいい訳であって。。。

と言う事で、機上の人になってしまいました。


テーマ : オーストラリア    ジャンル : 海外情報
  1. [ edit ]
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:4

2009年3,4月 オーストラリア旅行記 ケアンズ決定の巻

 さて、旅行記を始めることにしましょう。
で、その前になんでケアンズなのか!?から。え、まだ本編は、先なんですか!?って、その計画から先と言う事で、お付き合いください。

 今回の旅行は、昨年末から考え始めました。当初は、もっと大きく

ヨーロッパ!

 なんて、考えたんだけど、4人全員(主要登場人物全員)が行くとなると、いくら円高と言っても、100万円以上かかってしまう。
さしもの、私の財布もそこまではない。となったんで、再考。
 やっぱり、誰でも行くハワイ、サイパン、グアムくらいとかも入れたけど、それではつまらない(楽なんだけどね)。で、とあるサイトを覗きに行ったところ、

「家族旅行に最適なケアンズ」

なんて、ロゴを目にして、なるほどと調査開始!
どうも、調べてみると、

  • 格安航空会社のジェットスター航空が、成田就航。
  • 宿を選べば、格安ホテルもある(自炊ができればよい)。
  • 何と言っても、治安がいい(つまり田舎( ;^^)ヘ..)。
  • 円高(年末レートで、1豪ドル=60円台だった)

と言う事で、

ケアンズへ行きたいか~(by アメリカ横断ウルトラクイズ)

な転がりをしたわけで、ケアンズに決定。
で、さらに美しい妻(自称)が、主体となって宿取り、航空券予約を開始。ネットと英語と格闘しながら、なんとなく、取れてしまった(でも、本当に予約できたかこの時点ではよくわからん( ;^^)ヘ..)。

そうそう、ちなみに航空券に関しては、日本国内で購入するより、直接オーストラリアの窓口へ、豪ドルで購入する方が、かなりお得ですよ。

現地での行動は、なんとなく英語をしゃべれば済むかと思っていたんだが、やっぱり見知らぬ土地と言う事で、オプションツアーを組み込んでいくスタイルとしてみた(後から考えると、ちょっとお高いツアーもあったけど( ;^^)ヘ..)。

と言う事で、1月に入って、子供達のパスポートを取得し、4人分のパスポートがそろった段階で、ETA申請を行って、とりあえず日本脱出のための、作業を完了しておいた(と言うか、おいて見たの方が正しいかな?)。


テーマ : オーストラリア    ジャンル : 海外情報
  1. [ edit ]
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:0

2009年4月 柿生 麻生川 桜

 海外旅行の前に、東京の桜が開花していて、帰国後には桜は終わっているものだと思っていたのですが、寒波の影響で、満開が遅れた。
 今日の入学式出席の後に、柿生の麻生川へ花見に出かけました。

IMGP2399.jpg

IMGP2384.jpg

IMGP2362.jpg

IMGP2355.jpg

IMGP2402.jpg

IMGP2367.jpg

今回は、新百合ヶ丘駅から柿生駅まで、散策してみました。ルートはこちらです。

powered by 地図Z


テーマ : 桜 花見    ジャンル : 地域情報
  1. [ edit ]
  2. おでかけメモ
  3. / トラックバック:0
  4. / コメント:2

2009年4月 小学校 入学式

IMGP2338.jpg

 今日は、二男の小学校入学式。
子供が成長するのも、あっという間です。今日から学生生活が始まります。


テーマ : 小学生の子育て♪    ジャンル : 育児
  1. [ edit ]
  2. 日記
  3. / トラックバック:1
  4. / コメント:4

第708回「卒業式と入学式、どっちに桜が咲いていた?」

こんにちは!FC2ブログトラックバックテーマ担当ほうじょうです。今日のテーマは「卒業式と入学式、どっちに桜が咲いていた?」です。そろそろお花見ー!という方も多くなってきたんじゃないでしょうか。桜というと満開の桜が咲いた学校での入学式、というイメージですがここしばらくは暖かくなっているので、入?...
FC2 トラックバックテーマ:「卒業式と入学式、どっちに桜が咲いていた?」

 もちろん、入学式です。
今年は、東京の桜開花が、例年に比べて、早咲きで4月まで桜が持たないとの予想でしたが、開花後に寒波がやってきて、満開が先週の金曜日。

 桜は、入学式を待っていたかのように、満開でした。

【小学校校庭に咲く桜】
IMGP2321.jpg IMGP2328.jpg


  1. [ edit ]
  2. 日記
  3. / トラックバック:0
  4. / コメント:0

オーストラリア旅行 プロローグ

IMGP2244.jpg  

 読者の皆様、お久しぶりでございます。
 しばらく、記事を休ませていただきました。と言うか、お休みの間は、私も日本を離れていました。
一応、会社員である私ですが、勤続もそこそこ長くなったという事で、リフレッシュ休暇をいただくことになりました。

 で・・・写真のとおり行先は、

オーストラリア!

でございます。
日程は、5泊7日(機中1泊)で、成田~ケアンズ~エアーズロック~ケアンズ~成田なんて感じです。
写真の方は、ご存じウルル(エアーズロック)なんですね。
と言う事で、2007年3月のジャカルタ以来の海外旅行記事に変わります。

しばらくの間かな?なんてところで…


テーマ : オーストラリア    ジャンル : 旅行
  1. [ edit ]
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:10


NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY

ブクログ

プロフィール

つるかわ住人

Author:つるかわ住人
since 2005.09.16
美しい妻(自称)1人。
いつもアドレナリンを噴出している子供2人。
これで、毎日生活している、東京都南多摩郡鶴川村住人。

カテゴリ

月別アーカイブ

検索フォーム

お気に入り更新情報

ブロとも申請フォーム

« 2009 04  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

QRコード

QRコード

RSSリンクの表示


.