マイ・つるかわ・生活~鶴川住人日記・東京近郊お出かけメモ

東京都町田市鶴川を中心に、地域限定情報を掲載します。神出鬼没、どこに登場するかは、その日の気分。

胸像と富士山



 胸像のかなたに、夕日に照らされる富士山。そして何を想う。
  1. [ edit ]
  2. 日記
  3. / トラックバック:0
  4. / コメント:0

雲。冬から春へ


 冬らしくない陽気が、このところ続いていて、本日も春の突風が吹いていました。

いつもの年なら、東京でも一度は大雪の日があって、雪だるまとかを作られるのですが、今年は積雪も本当に無いかも。

 そんなわけではないですが、雲に隠れる太陽を撮って見ました。

明日から3月、春なんですよね。


  1. [ edit ]
  2. 日記
  3. / トラックバック:0
  4. / コメント:0

2007年2月 上野公園 東京都美術館

 先日は、

 よいしょ、うんとこしょ・・・

でも、この丸いオブジェは、そう簡単には動きませんぞ!!


  1. [ edit ]
  2. おでかけメモ
  3. / トラックバック:0
  4. / コメント:0

2007年2月 川崎 生田緑地 その3 岡本太郎美術館

  

 美術館入口には、近隣の小学校から先生の作品を見学したあとで書かれた、ポストカードが展示されています。

6年生の子になると、表現豊かな絵になりますね。

 それから、美術館横に展示されている、母の塔です。
 
?
 この美術館を象徴する「母の塔」がこれです。高さにして、20mほどでしょうか。巨大なモニュメントです。

体内からの誕生を表現されております。

 で、最後やっぱり、顔ハメ記念写真コーナーで、

太陽の塔へ顔をはめて、一枚。

 岡本太郎先生の等身大レプリカが、異様にリアルだったりして・・・

 と言うことで、1週間にわたって、お送りした「生田緑地」も今回が、最後です。

まだ見ていない施設もありますが、それは次回と言うことで。

 で、生田緑地さらに進化します。

今度は、晩年を多摩区在住だった、藤子・F・不二雄先生の原画展示室、「藤子・F・不二雄アートワークス(仮称)」が建設されるそうです。完成は、2011年度の予定だそうで、またひとつ名所が増えそうです。


  1. [ edit ]
  2. おでかけメモ
  3. / トラックバック:0
  4. / コメント:0

2006年2月 川崎 生田緑地 その2.5 !?

 さて、美術館の話をしようと思いましたが、ちょっとその前に・・・

折角なので、園内の木々を・・

 ぱっと、見るとメタコセイアの木が植林されています。

まあ、まだ葉をつけるには、まだ早いのですが、

 

 見上げて一枚。

気温が高くなると、空が小さくなるんでしょうか。枝が大きく広がっていました。


 で、やっぱり広い公園。

となると、こんな方も現れます。

長さ2メートルの竹馬。

これで、歩くと速く歩けそう。ひょっとして、ジャンピングシューズよりも、速い?

でも降りるときはどうすんの???



  1. [ edit ]
  2. おでかけメモ
  3. / トラックバック:0
  4. / コメント:0

すみません。本日はコメントをお休みします。

コメントをいただいた皆様、有難うございます。本日は、先ほど帰宅しましたので、コメントは明日とさせていただきます。

大変申し訳ございません。?


  1. [ edit ]
  2. お知らせ
  3. / トラックバック:0
  4. / コメント:0

2007年2月 川崎 生田緑地 その2 川崎市青少年科学館

 生田緑地の続きです、緑地園内の中央に位置しているのが、

 館内は、職員の方が研究されている、多摩地区の自然を模型や、ポスターなどで紹介する、素朴な展示室です。

ただ、私も在住している多摩地域は、まだまだ自然が残る場所ですね。

 下は、緑地で生息している、きのこの写真です。食用、毒キノコもあるのですが、これだけの多種が生息しているのには、驚かせされます。

 

 3階には、天体望遠鏡が据え付けられています。ただ、この望遠鏡、星空の観察ではなく、太陽を見るための天体望遠鏡です。

この日は、14:30まで、公開観測日でした。

 この日は、快晴。太陽観測には、絶好の条件でした。

見せていただいたのは、太陽周辺で吹き上がるプロミネンスを見ることができました。

 ただ、太陽活動が穏やかだそうで、太陽の淵にひげみたいな、プロミネンスがようやく見えるくらいでした。

 

 場所は、ここになります。

川崎市青少年科学館


次回は、いよいよ美術館の登場です。


  1. [ edit ]
  2. おでかけメモ
  3. / トラックバック:0
  4. / コメント:0

2007年2月 川崎 生田緑地 その1 梅園 

 昨日の「

 前回の鶴川団地周辺と同様、数回に渡って、お送りしますので、よろしくお願いします。

まずは、季節柄「梅」ですので、梅園へ行くことにしました。

ちょっと、小高い丘に整備されている、梅園。

 間近で、見ることができ、観賞用ベンチも用意されています。

51種類、113本の梅が植えられているそうです。

 でも、どういう違いかは、名札がつけられていないので、見分けが付きません(^^ゞ。



 

 

 派手目なピンクもいいですが、渋めに白梅もいい見頃です。

これだけ多くの梅が花を咲かせると、園内花のにおいが、立ち込めています。
 

 この日は、快晴でバックの青空が、花をより際立たせていました。


場所は、ここです。

生田緑地 梅園


  1. [ edit ]
  2. おでかけメモ
  3. / トラックバック:0
  4. / コメント:0

2007年2月 小学館 付録 復刻版 「太陽の塔」

 今回は、また長いので、まずはプロローグから・・・

小学館の学習雑誌。懐かしいですね、「小学一年生」とか・・・

無論、私も買っていました。今でも、がんばって発刊しているんですね。HPは

 で、実際に組み立てた、模型のサンプルが飾られていました。

まあ、確かに光っていますよね。今見ても、この塔の存在感は、十分すぎるほどインパクトがあります。

 やはり、巨匠 
 

 と言うことで、今週はここを含めた、スポットを梅見を兼ねて訪ねてみました。


  1. [ edit ]
  2. おでかけメモ
  3. / トラックバック:0
  4. / コメント:0

2007年2月 鶴川 きつねくぼ緑地 でも、昔は・・・

 商店街から、ちょっと戻ってきました。なぜなら、「きつねくぼ緑地」を尋ねたかったからです。

でも、この緑地。ちょっと、特殊な扱いなんです。なぜなら、市有地でありながら、一般的な地図には

全く紹介されていないし、市のホームページにも全く触れられていません。

おまけに、入り口も、門と質素な表示のみ。

 町田市の自然公園系にあるように、入り口を入ると活動内容を紹介した、掲示板が置かれています。

 入り口を入ってすぐの場所は、ちょっとした広場となっています。今日は、一般開園日ではないのですが、

近くの小学生のために、炭焼き教室を行っていました。

 門が開いていたので、ちょっとだけ中に入って、撮影。

 暖冬とは言っても、まだ木々は枝だけの状態です。

 門にある掲示板では、以下のことが書かれています。

開園日は、第1土曜と第3土曜の10:00~17:00まで。

ペットは、入園禁止。

喫煙所は指定された場所で。

きつねくぼ緑地愛好会の活動内容です。

 さて、いたって普通の緑地公園。じゃ、?(゚_。)ちょっとシークレットなのか・・・

それは・・・・

 ここからは、

とわいらいとぞ~ん

のお時間です。

 もうお気づきの方がいらっしゃいますよね。

ここは、あの有名な

お化けマンション

(仮面ライダーのショッカー基地として、TVに登場していたので、「ショッカーマンション」)跡地なのです。

もちろん、跡地自体は、すでに解体されていますが、支柱の跡とかがまだ存在しているようです。

場所はここです。

お化けマンション跡地

  1. [ edit ]
  2. トワイライトゾーン
  3. / トラックバック:0
  4. / コメント:0

2007年2月 鶴川団地センター名店街 & 鶴川セントラル商店街

 鶴川駅からちょっと離れたところにある、

 鶴川団地センター名店街のすぐ横に、
 

 さて、セントラル商店街には、気になるお蕎麦屋さん「

 場所は、ここになります。

鶴川センター名店街&セントラル商店街


  1. [ edit ]
  2. おでかけメモ
  3. / トラックバック:0
  4. / コメント:0

昨日の正解です。

 と言うことで、昨日の正解を

大発表します。

 正解は、・・・・・・・・・・

下水道工事用の建物でした。

えっ、それにしても大げさすぎないか。

その通りです。

何せ、10m近くの高さがある建物ですからね。

理由と言うと、騒音が激しいため、その防音塀だとか。

でも、これだけ見ると、何をやっているかわかりませんよね(^^ゞ。

 実物を見たい方は、この場所へお越しください。

巨大下水道工事現場

  1. [ edit ]
  2. トワイライトゾーン
  3. / トラックバック:0
  4. / コメント:0

2007年2月 鶴川 謎の巨大建物!

 突然始まり、突然終わる??知る人ぞ知るテーマ

そうです!


とわいらいとぞ~ん

のお時間です(^^ゞ。

テーマは、

じゃじゃーん、「つるかわ」!

って、ブログの題名、そのまんま「東」(違う!)ですが。(ボケすぎ)


と、つまらない前置きは、\(^_\)ソレハ(/_^)/コッチニオイトイテ。

突然ですが問題です。

この建物は何でしょう!

ちちちち・・・・ちちちち・・・・


正解は、明日です(^^ゞ。

やっぱり、一日置くことにします。

コメントにて、正解大募集!


ps.ちなみに、本日コメントをいただいた方、まことに申し訳ありません。

お返事は明日にさせてくださいm(__)m。


  1. [ edit ]
  2. トワイライトゾーン
  3. / トラックバック:0
  4. / コメント:0

2007年2月 「鶴川駅」から「鶴川」へ・・・

 ちょっと変わった題名ですが、住人の方は当たり前じゃんって、怒られそうですが(^^ゞ。

駅の住所は、鶴川ではなく、能ヶ谷町なのです。

 で、住所の「鶴川」は、ちょいとばかし丘を越えた向こう側。前にご紹介した、「
 これって、上りも大変だが、下りの方がもっと大変。転げ落ちそうになります。

まず、自転車は絶対無理。雨も危険。雪ならたぶん通行止めでしょうね。

 車もマニュアル車なら、2速に入れないと無理でしょう。えっ、車は通行可ですよ。

 と言うことで、鶴川1丁目へ到達。

そして・・・「さくら通り」へ。


 桜の時期ではないので、桜の木はまだ、寂しい状態。

梅は咲きはじめと言った感じ。ちょっと、場所を変えると梅も咲き方が異なります。

ちょっと、風が強いので、流されてしまいました。

 太陽をうまく隠して、シルエットにすると、ちょっと神秘的な画像へ。

 と言うことで、まだまだこの後も散策は続きます。怪しいものが多いかな??


今回の場所はここです。

さくら通
  1. [ edit ]
  2. おでかけメモ
  3. / トラックバック:0
  4. / コメント:0

2007年2月 ラーメン一鶴へ行ってきました。

 と言うことで、

 門構えから判るとおり、お店はカウンター9席だけのお店です。店主が1人で切り盛りしています。

店中は、こんな感じ。

 でも、狭い店舗を機能的に押さえています。


 さて、ラーメンはと言うと、私は最初のお店では、代表的なメニューしか頼みませんので、

 一鶴ラーメン 600円

を頼みました。

 味の方は、太い面ととんこつしょうゆ味のスープ。代表的な横浜家系の味です。

チャーシューも、とろける味。私好みです。

 レベル的にも高いレベルの店だと思います。また、600円の値段設定も、問題なしでしょう。

次回は、チャーシューがうまいと感じたので、チャーシューメンにしてみようかと思います。

 そうそう、もちろんスタンプカードもいただきましたよ。開店一ヶ月経ちましたが、スタンプカードを持参している

お客さんが多いのに、気がつきました。

 と言うことは、着実にリピータも増えていると言うことです。

鶴川駅前は、場所柄居酒屋も多い場所なので(隣も焼き鳥屋さん)、一杯飲んだあとに食べてもいいのではと、感じます。

 現在のところ、駅前のラーメン屋は、この店だけなので、定着していきそうだと感じました。

 焼き鳥屋戦争に続き、ラーメン戦争も勃発!?って、ことになりませんかね~。(実は、こっちの方がうれしいかも。私的には・・・)



  1. [ edit ]
  2. グルメ(B級)
  3. / トラックバック:0
  4. / コメント:0


NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY>>

ブクログ

プロフィール

つるかわ住人

Author:つるかわ住人
since 2005.09.16
美しい妻(自称)1人。
いつもアドレナリンを噴出している子供2人。
これで、毎日生活している、東京都南多摩郡鶴川村住人。

カテゴリ

月別アーカイブ

検索フォーム

お気に入り更新情報

ブロとも申請フォーム

« 2007 02  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

QRコード

QRコード

RSSリンクの表示


.